飛行機に乗ったら、時計を現地時間に合わせる!

飛行機に乗ったら、時計を現地時間に合わせる!

時計を現地時間に合わせるのも簡単で効果的な方法です。
飛行機に乗った時から、現地時間に合わせ、現地が夜時間であれば「眠る」。昼間なら「起きる」。それを意識するだけで、だいぶ時差ボケが予防できます。

アイマスク&耳栓で集中して眠る!

アイマスク&耳栓で集中して眠る!

出典: Instagram

飛行機会社のアメニティで入っていることの多い耳栓とアイマスク。飛行機の騒音を防ぎ、他の乗客の手元灯りが眩しくて眠れない・・・という苦しい状態を防いでくれます。

耳栓をすると眠れない方は、イヤホンで機内の音楽チャンネルから、インストゥメンタルやクラシック音楽などを小さなボリュームで聞くとリラックスでき、眠りにつきやすいですよ。

機内食食べる?食べない?

機内食食べる?食べない?

時差ボケ予防として「機内食はしっかり食べよう」という人と「食べない」と言う人とくっきり分かれているようです。

しっかり食べる派の意見は、現地時間に合わせて提供される機内食を食べることで、体内時計を現地時間に合わせやすくなるとのこと。
反対に食べない派の意見は、「腹時計」をコントロールすることで現地時間の食事に合わせやすくなるとのことです。飛行機に乗っている時間を入れて14時間のプチ断食を行うそうです。

ただし、いずれの方法にせよ、乾燥しやすく、血栓が溜まりエコノミー症候群にならないよう、水は多めに摂取するようにしましょう。

フライト時間も考えて予約しよう!

フライト時間も考えて予約しよう!

一日に何便も出ている目的地の場合、太陽が出ている時間に到着する便を選びましょう。

時差ボケの解消法

なるべく早く解消したい!

なるべく早く解消したい!

どんなに予防しても、時差のある地域に飛行機で行くとなってしまうのが「時差ボケ」です。
なるべく早く時差ボケが解消できる、解消法をご紹介します。

きちんと朝食をとる

きちんと朝食をとる

出典: Instagram

太陽の光は時差ボケの一番のクスリ!

太陽の光は時差ボケの一番のクスリ!

眠くてもきちんと朝起き、太陽を浴び、朝ごはんを食べることで体内時計をリセットしましょう。

しじみや赤貝、あさり、レバーなどに多く含まれるビタミンB12を積極的にとりましょう。

ビタミンB12は体内時計や睡眠をコントロールする働きがあると言われています。手軽にとれるサプリもおすすめです。

★まとめ

Have a nice trip!

Have a nice trip!

予防となってしまった時の解消法で、時差ボケに負けず、楽しいご旅行をお楽しみください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!