折角の旅行が時差ボケで楽しめなかった!日本に帰ってきてから時差ボケで大変!など、時差のある所に出かけると人により程度の差があるけどなってしまうのが、時差ボケ。
効果的な解消法をご紹介します。

辛い時差ボケ、早く治したい!

旅行や仕事、ちゃんと楽しめるかな?

旅行や仕事、ちゃんと楽しめるかな?

時差ボケの正式名称は「時差障害」。英語ではジェットラグと呼びます。
そう、ジェット=飛行機で人々が旅行をはじめてから生まれた「時差ボケ」。

飛行機により短時間で地球を移動できるようになったのはとても素晴らしいことですが、身体にはその分負担も大きいようです。

時差ボケの症状とは

時差ボケは身体の悲鳴?

時差ボケは身体の悲鳴?

時差ボケの症状として一番多いのが眠りすぎてしまう「過眠」と、反対に適正な時間に眠れなくなってしまう「不眠」です。現地の時間に合わせられず「昼夜逆転」してしまう場合もあります。

次に、睡眠障害による影響から胃腸の機能が弱り「胃腸障害」、疲れによって引き起こされる「注意力、集中力、判断力の低下」、「吐き気」「頭痛」を訴える方もいます。

これらの時差ボケの症状は、人によっては一週間ほど続いてしまうこともあります。

どうして時差ボケになるの?

人により差がある時差ボケ

人により差がある時差ボケ

一般的に、若く体力のある人の方が、時差ボケが治るのが早いと言われています。

時差ボケが起きてしまうメカニズムは、時差による「生活リズム」のずれ。飛行機に乗り、高速で長距離を移動したことにより、普段身体に沁みついていた「体内時計」のリズムと、移動先の「生活時間」にずれが生じ、ホルモンバランス・体温・消化器系のサイクル・睡眠や覚醒のリズムが損なわれ、不眠などの不快な症状が現れてしまうのです。

折角訪れた外国、思いっきりエンジョイしたい!

折角訪れた外国、思いっきりエンジョイしたい!

飛行機に乗っている時間と時差が反比例しているほど時差ボケがひどくなる傾向があります。つまり、短時間の飛行で、時差が大きい地に行くと「時差ボケがきつい」と感じる人が多いのです。

また、人間の体内時計は一日より長くなる場合には順応しやすい特徴を持っているため、東から西に移動する場合は、その逆に比べて比較的時差ボケし辛いと言われています。
日本から西のヨーロッパに行く場合は、比較的時差ボケを感じにくいですが、日本から東のアメリカ方面に行く場合は、時差ボケがきつく感じる場合が多いようです。

時差ボケの予防法

時差ボケになる前に・・・

時差ボケになる前に・・・

飛行機に乗って外国に行くのは、「突然」だということはまれ。ならば、あらかじめ時差ボケを予防することはできるのでしょうか?

仕事や生活に影響が出ない範囲で、ゆっくり現地時間に合わせて生活するのも一つの手です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?