「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ても疲れが取れない」
このような症状は、一口に“不眠症”と呼ばれていますが、実は不眠症というものは“睡眠障害”の症状に含まれる病気。いわば、不眠症は病気なのです。

とは言っても、不眠症の症状はさまざま。病院の診断を受ける前にセルフチェックをしてみましょう。

不眠症は4種類に分類されている

睡眠障害は、4種類の症状で分類されています。

●入眠障害
布団に入って「寝よう」と思っても寝つきが悪く、なかなか寝れない症状。
眠るまでに30分以上かかり、それを本人が“苦痛”だと感じていれば不眠症の疑いがあるとされています。
精神的なストレスや不安から起こりやすい病気と考えられています。

●中途覚醒
夜中に何度も目が覚めてしまう症状。
目が覚めてから「寝よう」と思っても寝つけないこともあり、高齢者に多く見られます。

●熟眠障害
十分な睡眠時間をとったにも関わらず、熟睡できた感覚がなく心身の疲れが取れていない症状。

●早朝覚醒
朝の4時頃に覚醒し、望んだ起床時間よりもずっと早く目が覚めてしまい、「寝よう」と思ってもそれ以降眠れなくなってしまう症状。
高齢者によく見られますが、ストレスなどによって若い世代でも症状が見られることも。鬱病の初期症状と考えられる場合もあります。

不眠症のセルフチェック診断☑

あなたは不眠症?

あなたは不眠症?

意外にも、自分は不眠症ではないと思っている方も多いようです。

実際に不眠症の種類が分かったところで、あなたが不眠症なのかをセルフチェック診断していきましょう。
以下、セルフチェック項目です。

☑ベッドに横になってから30分以上眠れないときが多くある
☑夜中、目が覚めてしまうことが何度もある
☑イライラすることが多く、物事に集中できない
☑睡眠時間の平均は5時間以下で、ほとんど眠れない日もある
☑しっかり眠ったはずなのに、疲れが中々とれない
☑身体がだるくてやる気が出ない日が多々ある
☑自分が寝ていないのは、普通のことだと思っている
☑特別なこともないのに、夜更かしをよくしてしまう
☑夜は眠くならないのに、仕事中など昼間になると異常に眠くなってしまうことがある
☑カフェイン入りの飲み物が好きで、良く飲んでいる

セルフチェックの結果を見てみましょう

何個以上当てはまった?

何個以上当てはまった?

セルフチェック診断の結果を発表します。

●1~2個当てはまった人
→軽度の不眠症です。現時点での心配はほとんどないのでご安心ください。

●3~4個当てはまった人
→生活不規則タイプです。仕事が夜勤やシフト制など、不規則な方に多く見られます。一時的ならいいですがこれから改善していくことが必要です。

●5~7個当てはまった人
→不眠症予備軍です。良質な睡眠がとれていなく、今後重度な不眠症になる恐れがあります。

●8個以上当てはまった人
→不眠症です。睡眠に対する障害があります。すでに精神や身体への影響が大きくでているのでは?専門の病院などで根本的な治療をした方が良いかもしれません。

4つ以上当てはまった人は要注意

4つ以上当てはまった人は……

4つ以上当てはまった人は……

セルフチェック診断、あなたはいくつ当てはまりましたか?
1~2つ当てはまった方は、比較的に軽い不眠症状ですので、生活スタイルを見直したり、自分でできる改善を行ったりすれば改善することができます。

しかし、3つ以上当てはまってしまった人は将来的な不眠症のリスクが、5つ以上当てはまった方はすでに不眠症の領域に入っていると言えるでしょう。

4つ以上当てはまってしまった方は、病院へ行く前にまずは自己対応として、生活習慣を改善していきましょう。

5つ以上の方は、一度病院の診断を受けることも視野に入れておくと良いでしょう。

どうしたらいいの?不眠症の原因と対策

まず、不眠症の原因としてあげられるのが“睡眠のコントロール”。
不眠症の方は、睡眠のコントロールがうまくできていません。これは、“自律神経”が深く関わってきます。

不眠症が悪化してしまうと、自律神経も乱れ“自律神経失調症”になってしまいます。

自律神経の乱れを正すためには、“ストレスによる交感神経の緊張を緩和させる”ことが大切です。

不眠症に関わらず、人間が不調を訴えるときは交感神経の緊張から来るとも言われています。

自律神経の乱れを正すためには、リラックスすることが一番。
お風呂につかりリラックス状態を作ったり、マッサージを受けてみたり、アロマを炊いてリラックス効果を高めたりすることが効果的です。

あなたの一番のリラックス方法を見つけることで、改善も早まります。

まとめ

セルフチェック診断で4つ以上当てはまった方は、生活習慣の改善・リラックス効果を高める習慣を、5つ以上当てはまった方は、一度専門の病院の受診を受けることをおすすめします。

不眠症は、一種の病気です。「すぐ治るでしょ」なんて簡単に考えてはいけません。
放っておくと鬱病などの精神病を巻き起こしてしまう可能性もあるので、早めの改善が必要です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!