快眠を求めるためにもこだわりたい寝具にマットレスがあります。マットレスで睡眠改善を図ろうなんて無理、と思っていませんか。実は、睡眠の質を高めるためにもマットレス選びは重要なポイントなのです。朝、目覚めた時熟睡感がなかったり、寝付きが悪かったり、夜中に目覚めてしまったり、そんな悩みを解決するためにも考えておきたいことを紹介します。

毎晩ぐっすりと眠れていますか?

朝はスッキリと目覚めたいですね

朝はスッキリと目覚めたいですね

睡眠は脳を休めるためにも、体の疲れをとるためにも欠かせないものです。人は生きている時間の約25%を眠っているとも言われています。実は、男性よりも女性のほうが、良質な睡眠が必要なのだそうです。女性は脳が疲労しやすいため、疲労を回復のために睡眠が重要視されてるのだとか。

朝、目覚めた時、熟睡感がありますか。夜中に目覚めてしまって、ぐっすりと眠った感じがしない、床についてからなかなか眠れない、そんな悩みはありませんか。
もしかしたら、普段使っているマットレスを変えるだけで睡眠の悩みから解放されるかもしれませんよ。

低反発と高反発マットレスの違い

睡眠改善に役立つ?低反発と高反発マットレス

睡眠改善に役立つ?低反発と高反発マットレス

寝具のマットレスを購入する際、低反発と高反発の違いは抑えておきたいポイントです。実際、どちらにするか悩んだ経験はないでしょうか。

低反発は包み込まれるようなソフトさが特徴的なマットレスです。それに対し、高反発は体の圧力に対抗するマットレスです。
低反発マットレスには、体の圧力を受け止めて和らげる効果が期待されるとされています。寝心地を最優先に考えているのなら、低反発がオススメです。

寝返りの打ちやすいマットレスを選ぶなら

目的でマットレスを選びましょう

目的でマットレスを選びましょう

人は寝ながら何回も寝返りを打っています。自分では実感はないと思いますが、一晩で20回から30回もの寝返りをしているのだそうです。

低反発マットレスには、寝返りする力を吸収してしまうほどに柔らかいものもあります。沈み込むようなソフトさが起きた時の手足の気になるしびれを軽減するのです。ですが、その柔らかさが腰を痛める原因になってしまうことも。

高反発マットレスは、寝返りを打つことを前提に考えられています。寝心地重視の低反発と違い、寝ている間の睡眠環境の改善を目的としているのだそうです。体の圧力を上手に分散させ、より良い睡眠に導いてくれます。適度な硬さもあるため、睡眠の質を求めるのなら高反発がオススメです。
ですが、値段が高価なこと、厚みが低反発よりもあるため収納には向かないという欠点があります。ただし、低反発とは違い、通気性に優れ快適な睡眠を約束するという商品が多いです。

売り場で実際に寝て体験しましょう

まずは体験から・・・ですね

まずは体験から・・・ですね

家具売り場などマットレスを扱う寝具売り場には、「ご自由にどうぞ」のキャッチコピーとともに体験できる商品が並んでいることがあります。靴を履いたままでも試せるマットレスもあるので、文字通りに気軽に試すことができます。
どんなに口コミサイトで評判になっている商品でも、実際に寝てみないと自分の体にあうかわかりません。自分の体は正直です。逆に口コミサイトであまり評判の良い商品ではなくても、寝てみたらしっくりとくる、こともあります。

まずは、売り場へ行きこれなら寝やすいと感じるマットレスを探しましょう。

まとめ

睡眠の質を改善するために販売されている寝具のマットレスに、低反発と高反発の2種類があります。どちらも特徴が異なります。寝心地重視の低反発、寝返り重視の高反発とタイプがまったく違います。どちらが自分に合っているのか、実際に体験できる売り場へ行き自分の体で試してみませんか。
睡眠の質を改善できるマットレスに出会えるといいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

国産ポケットコイルマットレス(ワイドダブルサイズ)【送料無料】

体にとって本当にいい寝姿のまま眠ることのできるマットレスです。

国産ポケットコイルマットレス(シングルロングサイズ)【送料無料】

体にとって本当にいい寝姿のまま眠ることのできるマットレスです。

国産ポケットコイルマットレス(ダブルサイズ)【送料無料】

ポケットコイルマットレス(ダブルサイズ)の商品紹介

サータ・ペディック30thアニバーサリーDX(クイーン)【送料無料】

ホテルでも採用されている最高級のマットレスを紹介しちゃいます!

国産ポケットコイルマットレス[ハード] (ダブル)

[ハード](ダブルサイズ)【送料無料】

関連する読みモノ

睡眠とはどのようなもの?眠る目的や睡眠不足に有効な神経伝達物質オレキシンの作用

私達人間が毎日行っている睡眠という行為は、あまりに自然な行動となるため、なぜ眠るのかと問われると非常に困って…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

もっと眠っていたい!でも朝早く目が覚めてしまう原因や対処法のチェックポイントとは?

朝早く目が覚めてしまい眠れないことがありますか?続くようなら睡眠障害が疑われます。生活を見直して睡眠を改善し…

寝ている間に起きている!?睡眠時随伴症はノンレム・レム睡眠と関係があった?

眠っている間に起きている?という不思議な病気に睡眠時随伴症があります。家族に指摘されて初めて気がつくケースが…

今日からできる!?音楽で睡眠を改善するためのBGMの効果のイロハ♡

”明日の為に眠りたいのに眠れない時”って焦ってしまって「何が効果的で改善策なのか」見落としがちなのですが是非…

心だけじゃない!?不眠の原因は身体的ストレスの可能性も!

一般的に睡眠障害というと精神的なストレスが原因と言われます。しかし心だけではなく、身体の状態も睡眠に大きな影…

睡眠中に呼吸が止まる⁉︎睡眠時無呼吸症候群を予防することが健康につながる

睡眠中に呼吸が止まってしまうのは、聞いただけでも恐ろしいですよね。しかし、予防することも可能ですので、日頃の…

質の悪い睡眠が原因?記憶力の低下を招く悪習慣とは

睡眠は人間の健康状態を保つために必要なものとなるため、質が悪くなるとあらゆるトラブルの原因に繋がります。睡眠…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

寝付きが悪い方はスリープセレモニー(入眠儀式)で眠りのスイッチを入れて眠りモードに入…

寝付きの悪い方はスリープセレモニーと呼ばれている入眠儀式を行うようにしてみてはいかがでしょうか。セレモニーと…

昼寝のすすめ!睡眠の質向上のためにも積極的に取り入れてみませんか?

お昼ごはんを食べたら、ウトウトと眠気がさしませんか?我慢して仕事を始めても、眠気がピークに達して我慢できない…

仮眠をとるのが最も効果的?辛い睡眠トラブルは細切れ睡眠で乗り越える

ツライ寝不足の状態が継続したり、夜更かしが習慣化していると、判断力や集中力低下の原因に繋がります。ちょっとし…

関連するキーワード

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!