快眠を求めるためにもこだわりたい寝具にマットレスがあります。マットレスで睡眠改善を図ろうなんて無理、と思っていませんか。実は、睡眠の質を高めるためにもマットレス選びは重要なポイントなのです。朝、目覚めた時熟睡感がなかったり、寝付きが悪かったり、夜中に目覚めてしまったり、そんな悩みを解決するためにも考えておきたいことを紹介します。

毎晩ぐっすりと眠れていますか?

朝はスッキリと目覚めたいですね

朝はスッキリと目覚めたいですね

睡眠は脳を休めるためにも、体の疲れをとるためにも欠かせないものです。人は生きている時間の約25%を眠っているとも言われています。実は、男性よりも女性のほうが、良質な睡眠が必要なのだそうです。女性は脳が疲労しやすいため、疲労を回復のために睡眠が重要視されてるのだとか。

朝、目覚めた時、熟睡感がありますか。夜中に目覚めてしまって、ぐっすりと眠った感じがしない、床についてからなかなか眠れない、そんな悩みはありませんか。
もしかしたら、普段使っているマットレスを変えるだけで睡眠の悩みから解放されるかもしれませんよ。

低反発と高反発マットレスの違い

睡眠改善に役立つ?低反発と高反発マットレス

睡眠改善に役立つ?低反発と高反発マットレス

寝具のマットレスを購入する際、低反発と高反発の違いは抑えておきたいポイントです。実際、どちらにするか悩んだ経験はないでしょうか。

低反発は包み込まれるようなソフトさが特徴的なマットレスです。それに対し、高反発は体の圧力に対抗するマットレスです。
低反発マットレスには、体の圧力を受け止めて和らげる効果が期待されるとされています。寝心地を最優先に考えているのなら、低反発がオススメです。

寝返りの打ちやすいマットレスを選ぶなら

目的でマットレスを選びましょう

目的でマットレスを選びましょう

人は寝ながら何回も寝返りを打っています。自分では実感はないと思いますが、一晩で20回から30回もの寝返りをしているのだそうです。

低反発マットレスには、寝返りする力を吸収してしまうほどに柔らかいものもあります。沈み込むようなソフトさが起きた時の手足の気になるしびれを軽減するのです。ですが、その柔らかさが腰を痛める原因になってしまうことも。

高反発マットレスは、寝返りを打つことを前提に考えられています。寝心地重視の低反発と違い、寝ている間の睡眠環境の改善を目的としているのだそうです。体の圧力を上手に分散させ、より良い睡眠に導いてくれます。適度な硬さもあるため、睡眠の質を求めるのなら高反発がオススメです。
ですが、値段が高価なこと、厚みが低反発よりもあるため収納には向かないという欠点があります。ただし、低反発とは違い、通気性に優れ快適な睡眠を約束するという商品が多いです。

売り場で実際に寝て体験しましょう

まずは体験から・・・ですね

まずは体験から・・・ですね

家具売り場などマットレスを扱う寝具売り場には、「ご自由にどうぞ」のキャッチコピーとともに体験できる商品が並んでいることがあります。靴を履いたままでも試せるマットレスもあるので、文字通りに気軽に試すことができます。
どんなに口コミサイトで評判になっている商品でも、実際に寝てみないと自分の体にあうかわかりません。自分の体は正直です。逆に口コミサイトであまり評判の良い商品ではなくても、寝てみたらしっくりとくる、こともあります。

まずは、売り場へ行きこれなら寝やすいと感じるマットレスを探しましょう。

まとめ

睡眠の質を改善するために販売されている寝具のマットレスに、低反発と高反発の2種類があります。どちらも特徴が異なります。寝心地重視の低反発、寝返り重視の高反発とタイプがまったく違います。どちらが自分に合っているのか、実際に体験できる売り場へ行き自分の体で試してみませんか。
睡眠の質を改善できるマットレスに出会えるといいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

国産ポケットコイルマットレス(ダブルサイズ)【送料無料】

ポケットコイルマットレス(ダブルサイズ)の商品紹介

国産ポケットコイルマットレス(シングルロングサイズ)【送料無料】

体にとって本当にいい寝姿のまま眠ることのできるマットレスです。

国産ポケットコイルマットレス(ワイドダブルサイズ)【送料無料】

体にとって本当にいい寝姿のまま眠ることのできるマットレスです。

サータ・ペディック30thアニバーサリーDX(クイーン)【送料無料】

ホテルでも採用されている最高級のマットレスを紹介しちゃいます!

国産ポケットコイルマットレス[ハード] (ダブル)

[ハード](ダブルサイズ)【送料無料】

関連する読みモノ

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

睡眠障害の症状で異なる!睡眠の種類やステージ1のごく浅いノンレム睡眠

不眠とひと言で呼んでも症状には個人差が見られます。今回は不眠の代表的な睡眠障害の症状で異なる、睡眠の種類やス…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

洗濯がNGじゃなかった!?スモールフェザー羽根枕の保湿効果と通気性が重宝する!

安眠に欠かせない枕。枕の種類によって、睡眠の質は大きく変わります。本日は羽根枕の特徴をご紹介します!

睡眠には異なる性質あり!睡眠の種類やノンレム睡眠ステージ3の中程度睡眠などをご紹介

1日の疲れを引きずらず、心地の良い良質な睡眠をとりたいという願いは、誰もが抱いているものですよね? 不眠で…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

寝室に使う色で大きく変化する!熟睡が可能な睡眠に良い色と悪い色は?

最近よく眠れていますか?眠りが浅いという方や目覚めた後も疲れが残っているなど、思い当たる方には要チェックな睡…

睡眠の質を改善する!寝具やベッドの選び方やSIMMONSメーカーの特徴

1日の生活リズムに大きな影響を与える睡眠。 毎日のコンディションを整えるために、睡眠の質を向上させたいもの…

睡眠リズムを知ることが大切!睡眠不足改善をデキるひとはやっている睡眠日誌とは!?

睡眠不足の改善を改善するには、まずは日頃の生活習慣を見直さないといけません。そのためにも、オススメしたいのが…

抱きつくだけじゃない!?抱き枕には身体の負担を軽くする効果があった!

子供や女性が使用するものという印象をもたれる抱き枕ですが、近年では優れたリラクゼーショングッズとして、使用者…

寝付きが悪い方はスリープセレモニー(入眠儀式)で眠りのスイッチを入れて眠りモードに入…

寝付きの悪い方はスリープセレモニーと呼ばれている入眠儀式を行うようにしてみてはいかがでしょうか。セレモニーと…

関連するキーワード

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!