なかなか寝れないな…と感じたときは、落ち着きや心地良さ、満足感などを感じることができると眠りやすくなるもの。

いつも行っている食事にも、質の良い睡眠を取るために身体をリラックスした状態に導いてくれる食べ物があります。ぐっすりと深い眠りをとるためには、できるだけ睡眠に良い食べ物を摂ることが大切。中でも乳製品は睡眠に良い食べ物として有名ですね。

あなたも毎日の食事を見直し、より良い睡眠をとれるようにしていきましょう。

“睡眠ホルモン”を作ることから始めましょう

睡眠ホルモンとは?

睡眠ホルモンとは?

人が眠りにつくときに、眠りをコントロールするホルモンが存在します。
それは、メラトニンやセロトニンという“睡眠ホルモン”と呼ばれるもの。

これらのホルモンが分泌することによって、心地良い眠りにつくことができます。

睡眠ホルモンの分泌を促進するためには、これらのホルモンの原料となる“トリプトファン”がカギとなります。しかし、トリプトファンは直接体内で合成することができないため、食事などで摂取する必要があるというわけです。

体温を上げ下げする食事をして眠りを誘いましょう

赤ちゃんは眠くなると、手足が温かくなる…?

赤ちゃんは眠くなると、手足が温かくなる…?

人間は本来、体温が下がることで眠気が起こります。
手足から熱を発散させることで体温が下がっていきます。手足のように、皮膚の薄いパーツは外気温の影響を受けやすいので、血液が冷まされます。冷えた血液が全身を巡り、体温が下がるというわけです。

つまり、体温を上げ下げすることで眠気につながるということ。
そこでおすすめなのは、脳に働きかけて手足の血流を増やす“グリシン”。

乳製品が睡眠に良い食べ物だとお伝えしましたが、グリシンを含む食べ物も睡眠に良い食べ物とされています。
例えば、エビやホタテ、蟹、イカなどの魚介類に多く含まれています。

睡眠に良い食べ物の紹介①

睡眠に良い食べ物はどんなものがあげられる?

睡眠に良い食べ物はどんなものがあげられる?

それでは、睡眠に良い食べ物を具体的にあげていきましょう。

●アーモンド
アーモンドいは、眠りを誘う“マグネシウム”が含まれているほか、筋肉の緊張を解きほぐす働きもあるので睡眠前にはもってこいです。一日の摂取量は大さじ1のアーモンドバターor28g程度のアーモンドが目安です。

●味噌汁
味噌には睡眠ホルモンのひとつ“メラトニン”の分泌を促すアミノ酸が含まれています。食事の際は必ず味噌汁を飲むといいですね。

●バナナ
ダイエットにも最適とされるバナナには、“マグネシウム”と“カリウム”が含まれており、ストレスを軽減させリラックスさせる効果があります。睡眠に良い食べ物として代表的な乳製品(牛乳or豆乳)と一緒にミキサーにかけ、夜の食事後に飲むのがおすすめです。

●レバー
レバーには、“バントテン酸”が含まれており、ストレス耐性を強くしてくれる働きのほか、体の疲労回復効果もあり不眠症の方にはもってこいの食材です。

睡眠に良い食べ物の紹介②

もう少しだけ、睡眠に良い食べ物をピックアップしたいと思います。

●ゆでたまご
乳製品の代表的な食材で知られるゆでたまごには、たんぱく質が豊富。熟睡できない場合はたんぱく質が不足している可能性があるので、ゆでたまごでたんぱく質を補いましょう。

●枝豆
お酒のおつまみとして良く用いられる枝豆も、実は睡眠に良い食べ物。枝豆にはほてりをしずめる効果があり、安眠につながります。

●ハーブティー
ハーブティーにはリラックス効果があり、生理痛や頭痛等の緩和もしてくれるので女性にはうれしい効果が期待できます。ラベンダーやカモミール、ローズなどのハーブティーが不眠症の方にはおすすめです。

●たまねぎ
たまねぎには、酸化アリルという疲労回復に効果的な成分が含まれています。

食事の時間を見直しましょう

食事の時間も質の良い睡眠をとるためのポイント

食事の時間も質の良い睡眠をとるためのポイント

睡眠に良い食べ物をご紹介しましたが、食べ物だけではなく“食事の時間”も睡眠の効果を上げることにつながります。

睡眠に良い食べ物だからと言って、これだけを食べれば良いというわけではありません。まずは、バランスの良い食事を心掛けることも大切です。そして、食事の時間も重要なポイント。

入眠の直前に食事をとると、消化のために胃腸が活発化し睡眠の質を下げてしまいます。

また、決まった時間に食事をしているという人は、その時間になると自然と空腹を感じるようになってきます。つまり、毎日遅い時間に食事をしていると、その時間に合わせて身体が食事の準備をはじめ錯覚状態になり、寝つきも悪くなってしまうのです。

ですので、食事後、3時間程度リラックス状態を作ってから睡眠に入ることをおすすめします。

まとめ

乳製品や魚介類などの睡眠に良い食べ物や、食事の時間についてなど、睡眠と食事の関係についてご紹介しました。

睡眠には一見関係の無いように見えていた食事も、睡眠に大きな影響を与えます。

食事を意識することで、質の良い深い睡眠がとれるだけではなく、美容効果や健康維持の効果も期待できるので、一石二鳥です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ダブルベッドで一緒に寝る?それとも別がいい?夫婦円満でいるための寝室の考え方

夫婦のあり方やスタイルが多様化する中で、寝室をどのような環境にしていくか、これもまた色々なスタイルが確立され…

枕も夏物に着替えよう!寝苦しい夜を乗り切る夏用枕の選び方

この時期いつも暑くて眠れない・・・。それなら枕を衣替えしましょう!夏はその季節にあった素材を選ぶことが大切な…

あるだけで安心する!睡眠改善のカギ?抱きまくらにはこんな効果があります

睡眠に入るとき、あるだけで安心するグッズはないでしょうか。小さい子ならお気に入りの毛布だったり、おもちゃだっ…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

夫婦円満の敵!いびきの予防と対策グッズを総まとめ

好きな人のイビキで眠れない、自分のイビキが迷惑になっている。そんな悩みはイビキを予防する対策グッズで解消しま…

寝れないだけじゃない!寝すぎも睡眠障害の一つって本当?

皆さん、寝すぎて眠いという感覚になったことはありませんか?実はそれ、睡眠障害の一種なんです。今回は過眠症につ…

睡眠不足に有効な解消法はコレ!ぐっすり眠れるコツをご紹介

多忙な毎日を送っている主婦やビジネスマンの方はじっくりと休息をとることが難しく、睡眠不足を放置しがちですが、…

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

良質な睡眠をとるには葉酸・トリプトファン・バントテン酸が効果的!

仕事も家庭も特に問題がないのに、中々うまく寝付けない・・・。なんていうことはありませんか?そのような状態は普…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!