睡眠は1日にとって非常に大切な時間ですよね。

普段の疲れもきちんとした睡眠を行うことによってリフレッシュできますし、朝もスムーズに起きることが可能です!

今回は朝日の明るさで目が覚める、寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点をまとめましたので、是非参考にしてください。

睡眠の質を高めるためには軽い運動を行う!

朝の心地よい目覚めのために軽度の運動を行う!

朝の心地よい目覚めのために軽度の運動を行う!

睡眠の質を高めるためには軽い運動を行うようにしましょう。

軽度の運動は体温変動にはずみをつけ、熟睡作用を期待することができます。

睡眠の質を向上させる軽度の運動としては、マッサージやストレッチなどが挙げられますので、これらの運動を取り入れるようにしてください!

部屋の電気を薄暗くして、ほんの10分でかまいません。
その10分間が、何時間もの睡眠を大きく変えることでしょう。
抜群に寝つきがよくなり、睡眠の質が向上するのです。

夕食はスムーズなお通じにする食事を摂取する!

食物繊維を豊富に含んだ食品を積極的に摂る!

食物繊維を豊富に含んだ食品を積極的に摂る!

翌朝スッキリとした排便にするために、夕食は食物繊維を豊富に含んだ野菜や根菜類を積極的に摂取するようにしましょう。

また少なすぎる夕食量は便秘の原因となるため、適量を心掛けるようにしてください。

魚や肉、豆などのタンパク質も摂取して朝のスムーズなお通じを促し、良質な睡眠をとるようにしましょう。

寝る2時間前には食べるのをストップ
朝、体が重いと感じる人は、寝る前に食べていませんか?睡眠中は胃腸の働きが止まるので、寝る前に食べたものが胃の中に残って体に負担をかけ、睡眠の妨げになります。寝る前2時間以降は食べるのをやめて、胃の中のものを消化してから眠りに入りましょう。

寝る前のコーヒー等のカフェインの摂取は禁止!

寝る前のコーヒーやチョコレートの摂取はNG!

寝る前のコーヒーやチョコレートの摂取はNG!

就寝前のコーヒーの摂取が睡眠の妨げになることは一般的に有名なのですが、これはコーヒーに含まれているカフェインに目を冷ます作用があるためです。

目が覚めてしまうと脳が興奮状態になりますから、最低でも1日あたり2、3杯程度に抑えるようにし、就寝する2時間前の摂取は避けるようにしてください。

寝る前にチョコを食べる



チョコにはカカオが入っているのですが、カカオにもポリフェノ-ルが入っています。

ポリフェノ-ルには実はカフェインが入っています。

脳が興奮しやすい成分ですので、この場合もなるべく寝る前は食べないようにしましょう。

寝る前には強い光に当たらないように注意する!

パソコンやテレビの強い光には十分注意する!

パソコンやテレビの強い光には十分注意する!

寝る前にパソコンやテレビなどの強い光を浴びると不眠症を招く原因となります。

これは強い光によってメラトニンという睡眠ホルモンの分泌が阻害されてしまうためです。

通常であれば薄暗い環境下で過ごすと、14時間後に自然と眠くなりますから、寝る前のテレビやパソコン作業は控えるようにしてください。

夜寝る前にはストレスをかけない
寝る前はリラックスすることが大切です。
それは睡眠中は副交感神経が優位になるからです。寝る直前にストレスを掛けるようなことをすると、交感神経から副交感神経へと切り替わらなくなり、不眠症の原因になります。

まとめ

いかがでしょうか?

睡眠の質を高めるためにはストレッチやマッサージなどの軽度な運動を行い、夜寝る前にはパソコンやテレビなどの強い光を放つものの使用を避ける必要があるということを、認識していただけたかと思います。

これらのコツや注意点に気を付け、豊かな睡眠時間を過ごすようにしてください!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

スマホが脳に強い刺激を与える!?寝つきが悪いあなたのその原因と対処法について

寝つきが悪いことは誰しもあることですが、続くようなら原因を考えてきちんと対処しましょう。生活改善で治らないな…

質の良い睡眠に改善する!百会のツボの効果や押し方、力加減や時間をご紹介

肩こりや腰痛、月経痛などあらゆる症状に対する効果が期待できるとされているツボですが、睡眠の改善効果もあること…

おやすみ前に食べておきたい食材はバナナ!健康面もしっかりカバー!

健康面でも注目されているバナナは睡眠にも非常に効果的な食べ物!バナナを食べてより質の良い睡眠を手に入れましょ…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

電気をつけたまま寝ることが肥満につながる!?睡眠と照明の重要性とは

良質な睡眠をとるためには、普段の食生活の見直しや生活リズムの改善などを行う必要がありますが、照明の影響を強く…

意外と知らない睡眠の基礎知識!睡眠の種類やステージ4の深い睡眠などノンレム睡眠の段階…

日中はたくさん体力を使ったから、夜の就寝時には良質な睡眠をとりたい!という願いは誰もが抱くものではないでしょ…

大人は大丈夫?うつぶせ寝で期待できる効果とは

寝る体制は個人によって違いますが、実は「うつぶせ寝」はメリットも大きいんです。今回は期待できる効果やうつぶせ…

飲むタイミング次第で眠る薬に⁉︎コーヒーと睡眠の意外な関係とは?

なんだか寝付けないなと思うとき、寝る前にコーヒーを飲んだりしていませんか?睡眠に悪いとされるコーヒー。本日は…

深い睡眠をサポートする枕選びの方法や素材の種類、そばがら枕の効果

「中々眠りにつくことができない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、悪い睡眠に悩まされている方は数多く存在…

眠りのリズムやサイクルの乱れは不眠の原因に!休日の朝寝坊に注意!

ふだん仕事が忙しすぎて、休日の朝くらいはゆっくりと朝寝坊をしたい。ところが、その朝寝坊は就寝と起床のリズムや…

良い眠りへと改善するにはツボ刺激!百会を刺激して気持ちよく眠ろう

毎日気持ちよく眠りたい人は、ぜひツボ刺激を取り入れてみましょう。誰でも知っているあのツボが睡眠にもとても役に…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!