短い睡眠でプラス思考になれるショートスリーパーという言葉を目にしたことはあるでしょうか。

このショートスリーパーとは名前の通り短い睡眠で生活を行う人のことを指しますが、その睡眠時間やなる方法とはどのようなものなのでしょうか。

こちらではその詳細についてまとめました!

ショートスリーパーとは6時間未満の睡眠でも健康的な方を指す!

国内の8%程度がショートスリーパーにあたる!

国内の8%程度がショートスリーパーにあたる!

人間は通常であれば8時間程度の睡眠が必要とされていますが、6時間未満の睡眠時間でも健康的な方をショートスリーパーといいます。

その反対に9時間以上眠らないと疲れがリフレッシュできない方のことをロングスリーパーといい、国内のおよそ5〜8%の方がショートスリーパーであるとされています!

著名人ではナポレオン、エジソンなどがこのタイプだと知られています。たった数時間でも睡眠時間が足りており、このタイプの人は睡眠時間が短くても睡眠障害ではありません。元々楽観的でストレスを感じないため、脳に老廃物が蓄積し難く、睡眠時間が短くても脳の機能を健全に保つことができます。

ショートスリーパーは時間を有効活用することができる!

ショートスリーパーは効率的に時間を使える!

ショートスリーパーは効率的に時間を使える!

ショートスリーパーの主なメリットとしては時間を有効に活用できることが挙げられます。

人が眠っているときに仕事や勉強することができるため、より効率的な時間の使い方ができるのです!

このショートスリーパーは遺伝子情報が大きな要因になっているとされてますが、努力次第で近づくことが可能です。

実際に今あなたの睡眠時間が、1時間短くなって、
しかも体がスッキリしていたら、その時間をどんなことに使うでしょうか?

・資格試験の勉強を思う存分してもかまいません
・夢に向って行動し、グングンと望みを引き寄せてもOKです!
・家事や育児の合間にちょっとした余裕を持つこともできます

毎日の睡眠時間を減らしてショートスリーパーになる!

短い睡眠時間で優秀になれる効果も期待できる!

短い睡眠時間で優秀になれる効果も期待できる!

ショートスリーパーに近づくためには、何と言っても起きる時間をきちんと守ることです!

寝なくても大丈夫なことを実感すると無駄な睡眠時間を趣味に使ったり、勉強に使うことができるため、人生の自由度を向上させることが可能です。

また、短時間睡眠者の多くは優秀な方となるため、短い睡眠にすることで優秀になれる効果も期待できるとされています。

どうすれば、ショートスリーパーになれるか?
私が観たサイトで推奨されていたのは、
何事にも、意識的に、感謝し、喜んで生活を送ること。
「ありがとう」と言葉に出していくこと。
これは私が以前、読んだ「少女パレアナ」(著者:エレナ・ポーター)という本の
主人公に近い気がします。

3週間おきに30分睡眠時間を減らしていく!

継続的に行うと夜の寝つきをスムーズにする!

継続的に行うと夜の寝つきをスムーズにする!

ショートスリーパーに近づくためには、毎日起床する時間を変更せずに、3週間毎に睡眠時間を30分ずつ減らすようにしましょう。

これを継続的に行うことによって夜の寝つきをスムーズにし、良質な睡眠を得ることができるため、身体が慣れるまで持続してください。

睡眠時間を減らして目覚めの悪さや寝不足がなくなり、体が完全に慣れるには約6ヶ月ほどかかります。

つまり睡眠時間が6~9時間必要なバリュアブルスリーパーの人でも、6ヶ月頑張れば短時間睡眠のショートスリーパーの人に近づけることになります。

まとめ

いかがでしょうか?

ショートスリーパーとは6時間未満の睡眠でも健康な方のことをいい、近づくためには3週間おきに30分睡眠時間を減らす必要があるということを、ご存知いただけたかと思います。

少し時間を要しますが、根気よく行うことで短時間睡眠になれるかもしれませんので、是非参考にしてください!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

カロリーは抑えたいけど安眠も譲れない!女性に嬉しい低カロリーのお肉レシピ♡

睡眠に良いとされているお肉ですが、気になるのはやっぱりカロリーですよね。では、カロリーを抑えたメニューなら気…

熟睡を遠ざける!危険な寝酒の効果とは

眠れない日に寝酒をしていませんか?良く眠れたと錯覚しやすい寝酒。本当は怖い寝酒のリスクをご紹介します。

月の光は何ルクス?眠る時に最も適切な灯りの強さはどれくらい?

あなたは寝室を真っ暗にして寝ますか?少し明るくして寝ますか?暗闇は睡眠に必要なメラトニンが多く分泌されますが…

良質な睡眠をとるためにこだわりたいお水の飲み方

睡眠をより良いものにしたいというのはほとんどの人が抱えている悩みだと思います。今回は良質な睡眠をとるための、…

明るくして眠ると太る?睡眠には足元に間接照明を置こう

人間は暗くなったら眠るためのホルモン、メラトニンが分泌されるようにできています。よく眠れるかという問題に光は…

睡眠時間のゴールデンタイムは定説だと22時~2時って本当なの?

人はゴールデンタイムに睡眠をとると健康に良いorお肌にいい、なんて言われて来ました。しかし、ここに来てこの睡…

反復性過眠症って何!? 眠りすぎる睡眠障害の症状と治療を考えてみる!

反復性過眠症は18時間〜20時間眠り続けてしまう病気です。原因などは不明ですが医師に相談することが不可欠。お…

睡眠時間の長さに影響するレム睡眠!睡眠の種類を知って、眠りの質をアップさせよう

レム睡眠という言葉を聞いたことはありませんか? 実はこれ、睡眠の種類の中でも浅い眠りのことを言います。 レム…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

おやすみ前に食べておきたい食材はバナナ!健康面もしっかりカバー!

健康面でも注目されているバナナは睡眠にも非常に効果的な食べ物!バナナを食べてより質の良い睡眠を手に入れましょ…

良質な睡眠にはどんなアロマがいいの?バニラやセドロールがおすすめ!

なかなか夜寝られないという悩みをお持ちの方も多いかと思います。このような方に匂いによる安眠効果があるオススメ…

朝をHAPPYに迎えるための睡眠の「ゴールデンタイム=22~2時」は現代のライフスタ…

これまで「美容のためには夜22時~深夜2時に眠らなくてはならない」と言われてきましたが、最近の研究でこの説が…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!