短い睡眠でプラス思考になれるショートスリーパーという言葉を目にしたことはあるでしょうか。

このショートスリーパーとは名前の通り短い睡眠で生活を行う人のことを指しますが、その睡眠時間やなる方法とはどのようなものなのでしょうか。

こちらではその詳細についてまとめました!

ショートスリーパーとは6時間未満の睡眠でも健康的な方を指す!

国内の8%程度がショートスリーパーにあたる!

国内の8%程度がショートスリーパーにあたる!

人間は通常であれば8時間程度の睡眠が必要とされていますが、6時間未満の睡眠時間でも健康的な方をショートスリーパーといいます。

その反対に9時間以上眠らないと疲れがリフレッシュできない方のことをロングスリーパーといい、国内のおよそ5〜8%の方がショートスリーパーであるとされています!

著名人ではナポレオン、エジソンなどがこのタイプだと知られています。たった数時間でも睡眠時間が足りており、このタイプの人は睡眠時間が短くても睡眠障害ではありません。元々楽観的でストレスを感じないため、脳に老廃物が蓄積し難く、睡眠時間が短くても脳の機能を健全に保つことができます。

ショートスリーパーは時間を有効活用することができる!

ショートスリーパーは効率的に時間を使える!

ショートスリーパーは効率的に時間を使える!

ショートスリーパーの主なメリットとしては時間を有効に活用できることが挙げられます。

人が眠っているときに仕事や勉強することができるため、より効率的な時間の使い方ができるのです!

このショートスリーパーは遺伝子情報が大きな要因になっているとされてますが、努力次第で近づくことが可能です。

実際に今あなたの睡眠時間が、1時間短くなって、
しかも体がスッキリしていたら、その時間をどんなことに使うでしょうか?

・資格試験の勉強を思う存分してもかまいません
・夢に向って行動し、グングンと望みを引き寄せてもOKです!
・家事や育児の合間にちょっとした余裕を持つこともできます

毎日の睡眠時間を減らしてショートスリーパーになる!

短い睡眠時間で優秀になれる効果も期待できる!

短い睡眠時間で優秀になれる効果も期待できる!

ショートスリーパーに近づくためには、何と言っても起きる時間をきちんと守ることです!

寝なくても大丈夫なことを実感すると無駄な睡眠時間を趣味に使ったり、勉強に使うことができるため、人生の自由度を向上させることが可能です。

また、短時間睡眠者の多くは優秀な方となるため、短い睡眠にすることで優秀になれる効果も期待できるとされています。

どうすれば、ショートスリーパーになれるか?
私が観たサイトで推奨されていたのは、
何事にも、意識的に、感謝し、喜んで生活を送ること。
「ありがとう」と言葉に出していくこと。
これは私が以前、読んだ「少女パレアナ」(著者:エレナ・ポーター)という本の
主人公に近い気がします。

3週間おきに30分睡眠時間を減らしていく!

継続的に行うと夜の寝つきをスムーズにする!

継続的に行うと夜の寝つきをスムーズにする!

ショートスリーパーに近づくためには、毎日起床する時間を変更せずに、3週間毎に睡眠時間を30分ずつ減らすようにしましょう。

これを継続的に行うことによって夜の寝つきをスムーズにし、良質な睡眠を得ることができるため、身体が慣れるまで持続してください。

睡眠時間を減らして目覚めの悪さや寝不足がなくなり、体が完全に慣れるには約6ヶ月ほどかかります。

つまり睡眠時間が6~9時間必要なバリュアブルスリーパーの人でも、6ヶ月頑張れば短時間睡眠のショートスリーパーの人に近づけることになります。

まとめ

いかがでしょうか?

ショートスリーパーとは6時間未満の睡眠でも健康な方のことをいい、近づくためには3週間おきに30分睡眠時間を減らす必要があるということを、ご存知いただけたかと思います。

少し時間を要しますが、根気よく行うことで短時間睡眠になれるかもしれませんので、是非参考にしてください!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

夜更かしが不眠の原因?夜更かしを改善する方法を学んで睡眠を改善!

良質な睡眠をとるためには、就寝前の時間の過ごし方が重要となりますが、知らないうちにやっている習慣によって、睡…

血流改善で快眠を手にいれよう!不眠を改善する百会(ひゃくえ)の場所と押し方のコツ

手足の冷えなどに悩んでいませんか?その冷えが不眠を招いているかもしれません!今回は血流を改善するツボ・百会(…

眠れない原因はコレだった!睡眠障害の要因5つのPとは!?

なんだか眠れない、でも原因がよくわからなくて不安という経験はありませんか?睡眠障害になるには要因がキチンとあ…

睡眠の種類“ノンレム睡眠”の謎!深い睡眠をとることが健康の秘訣。

睡眠の種類には、浅い睡眠の“レム睡眠”、深い睡眠の“ノンレム睡眠”の二つが存在します。 言葉だけは聞いたこと…

いびきに悩む人はうつ伏せ寝がいい⁉︎質の高い睡眠には眠る姿勢が重要です

質の高い睡眠をとるには、寝ているときの姿勢も重要になります。うつ伏せで寝ることはメリットもありますがデメリッ…

コーヒーや紅茶だけじゃない!あの飲み物も睡眠の妨げになるんです!

カフェインが入った飲み物を寝る前に飲んだらダメというのはもはや常識。でも、カフェインが含まれている飲み物をち…

夜中にならないと寝れない?睡眠リズムが後ろにズレてしまう睡眠相後退症候群とは?

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれ、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。深刻な問題を引き起こしかね…

睡眠不足がもたらす影響は何?池袋周辺のおすすめ睡眠クリニックをご紹介

私達が毎日健康で活発に生活するためには平均8時間の睡眠が必要とされていますが、日本人の睡眠時間は50年前と比…

寝室に使う色で大きく変化する!熟睡が可能な睡眠に良い色と悪い色は?

最近よく眠れていますか?眠りが浅いという方や目覚めた後も疲れが残っているなど、思い当たる方には要チェックな睡…

一日中酷使した目にご褒美を!目の症状に効果的なツボ「太陽(たいよう)」で快眠になろう

毎日パソコンやスマホを使っているあなたへ。目の疲れが不眠を引き起こしている可能性があります。今回は目の疲労を…

90分間の倍数で寝ると良い!?睡眠の質を高める方法<睡眠時間編>

90の倍数で寝ると、質の良い睡眠がとれることを知っていましたか?睡眠時間を周期に合わせると、目覚めの良い朝を…

まだ諦めないで!ノルアドレナリンを上手くコントロールすればうつ病は改善される

神経伝達物質であるノルアドレナリン、これはストレスを受け続けると起こるうつ病を始め、睡眠とも大きな関係がある…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?