翌朝まで昨日の疲れを持ち込んでしまうのは、疲れが取れる眠り方を知らないからかもしれません。
夜寝る前に心がけることって実は結構多いんです。
今日から意識して、一日でしっかり疲れをとりましょう!

同じ時間帯に布団に入る

同じ時間に寝る癖をつける

同じ時間に寝る癖をつける

毎日寝る時間を固定しましょう。
そうすることで体内時計がしっかり働きます。
この時間はもう寝ると覚えさせれば、意識しなくても自然と眠れるようになります。

睡眠に悪いものは食べない

カフェインなど

カフェインなど

カフェインの入ったものや、刺激物を寝る前に食べたり飲むのはやめましょう。
目が冴えて身体が起きてしまいます。

寝室を適温に保つ

寝やすい温度

寝やすい温度

部屋に入った時、寒くもなく暑くもない状態を保つようにしましょう。
暑すぎると寝苦しくなりますし、寒いと寝つきが悪くなります。
掛け布団などで調整するのも良いですね。

眠れなかったら布団から出る

無理に粘らない

無理に粘らない

一度ベッドに入って30分間経っても寝付けなかった場合は、無理に粘らずに一旦ベッドから出ましょう。
間接照明をつけてアロマを流したり、リラックス効果のあるものを使用し、ふたたび布団に入ると寝つきが良くなります。

マッサージをする

特に立ち仕事をしている方は、マッサージをしないと翌日足がむくんでしまう原因に。寝ても疲れがしっかり取れた気がしなくなります。
寝る前に軽いストレッチとマッサージをすると、スーッと眠りにつくことができます。

まとめ

一度にたくさんやるのは大変なので、まずは一つずつ取り入れていってみてください。
あなたの知らなかった方法があれば、それを実践するだけで次の日に良い影響が出てくるかもしれません。
しっかり睡眠を取り、翌日も頑張りましょう!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

大人は大丈夫?うつぶせ寝で期待できる効果とは

寝る体制は個人によって違いますが、実は「うつぶせ寝」はメリットも大きいんです。今回は期待できる効果やうつぶせ…

睡眠改善の悩みによって異なる寝具の選び方や寝る前の睡眠用BGM音楽の選曲のポイント

「最近あまり寝た感じがしない」、「寝ようとしても中々寝付けない」など、睡眠に関する悩みにはさまざまな種類があ…

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

全身を温めるしょうがには安眠効果も?食事は睡眠3時間前に済ましましょう

日常生活を活動的に過ごすために必要な睡眠。そんな睡眠の質を向上させたいという方はたくさんいるかと思います。 …

寝具を変えて睡眠の質をアップ!質が良いおすすめの低反発マットレス3選

適度な柔らかさに、心地よいフィット感がたまらない…。 快適な睡眠をとるなら低反発マットレスがおすすめです。

睡眠の質を上げるならコレ!!寝る前にぬるま湯に浸かるだけで質が良い眠りが訪れる

人間にとって必要不可欠な睡眠。質の良い睡眠を得るには「ぬるま湯につかる」だけで良いんです♪

鼻呼吸に必要な「あいうべ体操」とは?正しい鼻呼吸にするだけで朝までぐっすり

睡眠と呼吸は深いつながりがあったんです。鼻呼吸は生まれたばかりの赤ちゃんがする生命維持をする大切な行為。それ…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

寝具の色は何色?睡眠に最適な色やよくない色、快眠に有効な低反発ポリウレタン素材の枕を…

1日の多くの時間を過ごす寝室では、どのような色の寝具を使用しているでしょうか? 色が人間に与える影響につい…

朝日を浴びると睡眠の質が向上?知っておきたい睡眠のこと

朝日で睡眠の質が上がるって本当?知っておくと良い!睡眠の質を向上させる方法をご紹介します!

冷え性さんの質が良い睡眠のための必須アイテム「湯たんぽ」その嬉しい効果&使い方

湯たんぽってなんだか固くて使いにくそう。熱すぎないの?すぐに冷めてしまいそう。などの意見があると思いますが、…

良質な睡眠をサポートする!寝具や枕のくぼみの種類、形状や素材をご紹介

最近仕事が忙しくてあまり眠れていない、睡眠をとる時間はあるものの、寝た感じがしないなど、睡眠不足を招く原因に…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!