翌朝まで昨日の疲れを持ち込んでしまうのは、疲れが取れる眠り方を知らないからかもしれません。
夜寝る前に心がけることって実は結構多いんです。
今日から意識して、一日でしっかり疲れをとりましょう!

同じ時間帯に布団に入る

同じ時間に寝る癖をつける

同じ時間に寝る癖をつける

毎日寝る時間を固定しましょう。
そうすることで体内時計がしっかり働きます。
この時間はもう寝ると覚えさせれば、意識しなくても自然と眠れるようになります。

睡眠に悪いものは食べない

カフェインなど

カフェインなど

カフェインの入ったものや、刺激物を寝る前に食べたり飲むのはやめましょう。
目が冴えて身体が起きてしまいます。

寝室を適温に保つ

寝やすい温度

寝やすい温度

部屋に入った時、寒くもなく暑くもない状態を保つようにしましょう。
暑すぎると寝苦しくなりますし、寒いと寝つきが悪くなります。
掛け布団などで調整するのも良いですね。

眠れなかったら布団から出る

無理に粘らない

無理に粘らない

一度ベッドに入って30分間経っても寝付けなかった場合は、無理に粘らずに一旦ベッドから出ましょう。
間接照明をつけてアロマを流したり、リラックス効果のあるものを使用し、ふたたび布団に入ると寝つきが良くなります。

マッサージをする

特に立ち仕事をしている方は、マッサージをしないと翌日足がむくんでしまう原因に。寝ても疲れがしっかり取れた気がしなくなります。
寝る前に軽いストレッチとマッサージをすると、スーッと眠りにつくことができます。

まとめ

一度にたくさんやるのは大変なので、まずは一つずつ取り入れていってみてください。
あなたの知らなかった方法があれば、それを実践するだけで次の日に良い影響が出てくるかもしれません。
しっかり睡眠を取り、翌日も頑張りましょう!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

寝る前のリラックス法ストレッチ!安眠だけではなくダイエットにも効果的!

寝る前に軽いストレッチやヨガを取り入れると安眠に効果的ですが、具体的にどのようなストレッチが良いのか、その方…

気持ちよく寝る事でダイエット効果が?寝ている間は300〜500キロカロリー消費されて…

寝ている間もカロリーは消費されていきますが、どれくらいのカロリーが全体で消費されているのでしょうか?それをう…

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

鼻呼吸に必要な「あいうべ体操」とは?正しい鼻呼吸にするだけで朝までぐっすり

睡眠と呼吸は深いつながりがあったんです。鼻呼吸は生まれたばかりの赤ちゃんがする生命維持をする大切な行為。それ…

朝起きた時に喉が乾燥してませんか?起床時の喉の痛みはこれで改善!

朝起きた時にのどが乾燥して痛いという経験はありませんか?経験したことがあるという方も多くいるかと思います。そ…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

良質な睡眠をとるには葉酸・トリプトファン・バントテン酸が効果的!

仕事も家庭も特に問題がないのに、中々うまく寝付けない・・・。なんていうことはありませんか?そのような状態は普…

90分間の倍数で寝ると良い!?睡眠の質を高める方法<睡眠時間編>

90の倍数で寝ると、質の良い睡眠がとれることを知っていましたか?睡眠時間を周期に合わせると、目覚めの良い朝を…

電気をつけたまま寝ることが肥満につながる!?睡眠と照明の重要性とは

良質な睡眠をとるためには、普段の食生活の見直しや生活リズムの改善などを行う必要がありますが、照明の影響を強く…

大人は大丈夫?うつぶせ寝で期待できる効果とは

寝る体制は個人によって違いますが、実は「うつぶせ寝」はメリットも大きいんです。今回は期待できる効果やうつぶせ…

良質な睡眠にはどんなアロマがいいの?バニラやセドロールがおすすめ!

なかなか夜寝られないという悩みをお持ちの方も多いかと思います。このような方に匂いによる安眠効果があるオススメ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!