睡眠時間は十分なはずなのに、何だか目覚めが良くないな・・・。何てことはありませんか?

コチラでは直ぐに開始できる百会のツボを刺激して睡眠の質を改善する方法をまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

百会のツボは頭のてっぺん!自律神経の調整を行う効果あり

百会には良質な睡眠だけでなく自律神経の調整を行う作用あり!

百会には良質な睡眠だけでなく自律神経の調整を行う作用あり!

睡眠改善の基本的なツボとなる百会には、不眠症の予防や解消、良質な睡眠を促す効果だけでなく、頭痛や自律神経失調症、痔や全身のバランス調整などの効果も期待することができます!

その他にも目の疲れやめまい、抜け毛や鼻づまりなどの症状にも有効です。

百会

頭頂部にあるツボ、両方の耳に親指を入れ、両方の手のひら全体で

頭をつかむようにしたときに、中指の先が合わさる点にあります。

ツボは押えるだけではNG!3つの動作を合わせることが大切

ツボは3つの動きを合わせて初めて効果を発揮する!

ツボを指圧するということはツボを押えるだけと勘違いしている方が多いのですが、そうではありません!

指圧とはツボを押したままの力を継続させて、力を抜くという、3つの動きを合わせたものを指しますので、この動作をきちんと行うことが改善の重要な鍵となります。

[押し方]
基本的に凹んでいる部分を押します。
(1)ゆっくりと垂直に深く押していきます。ひびきを感じたら指を止めます。
(2)そのまま、3~8秒間停止します。この時、奥の筋肉まで力を届けます。
(3)凹んでいる中心をぶらさずに、凹みの側面をなでます。この時に側面の硬くなった筋肉部分をほぐします。

効果を更に高めよう♪ツボを温める方法もおすすめ

睡眠の質をより高めるためにはお灸で刺激する。

睡眠の質をより高めるためにはお灸で刺激する。

睡眠の質をより向上させるために、ツボの指圧だけでなくお灸で刺激するやり方もあります!

血行を促すことが大切ですので、お灸などで温めると高い効果を期待することができます。お灸ができないという方は蒸しタオルを使用するのもオススメです。

テンポよくトントントン
ツボによって、その押し方は多少異なります。強めにギューッと押した方が効果的であったり、トントンとこぶしでたたくように刺激した方が効果的であったりします。このトントンと刺激することがツボを刺激することでも効果があるのですが、それと共にトントンというリズムが興奮状態にある自律神経を安定させることができるのです。これはツボ以外の場所を同じようにトントンと叩くことでも自律神経を安定させる効果があります。

まとめ

いかがでしょうか?

睡眠の質を改善するツボの百会には自律神経の調整を行う作用があり、押えるだけでなく3つの動作を行い、蒸しタオルなどを使用して温める方法も効果的ということを、知っていただけたかと思います。

この記事を参考にして、よりより睡眠を過ごせるようにしてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!