人間の睡眠時間の種類は3つのタイプに分かれています。
基本的に、日本人の平均的な睡眠時間は7時間30分と言われていますが、実は“理想的な睡眠時間”はその人個人によって異なるのです。

確かに、「3時間寝れれば余裕!」という人もいれば、「10時間以上寝なければ無理…」という人もいますよね。

タイプ別にあげると、睡眠時間が短くても大丈夫な人を「ショートスリーパー」、睡眠時間が長い人を「ロングスリーパー」、その中間の人を「バリュアブルスリーパー」と呼びます。また、あまり知られていいませんが、まったく寝ない「無眠者」という人も存在していたのだとか。

睡眠時間のタイプ①ショートスリーパー

6時間未満の睡眠時間で満足できる人は、「ショートスリーパー」という種類に分類されます。

人工比率は5~10%と圧倒的に低め。ショートスリーパーの人は「外交的」、「自信家」、「楽観的」、「ストレスを溜め込みづらい」などの特徴があり、比較的にポジティブで明るい性格が多くみられます。

良く「起業家は睡眠時間が短い」という噂を聞きます。これは実際そうで、歴史上で有名な人物では“ナポレオン”や“エジソン”がショートスリーパーにあたります。ナポレオンの睡眠時間は3時間、エジソンの睡眠時間は4時間だったのだそうです。

日本でも、明石家さんまさんやみのもんたさん、上戸彩さんなどがショートスリーパーに分類されています。

睡眠時間のタイプ②バリュアブルスリーパー

バリュアブルスリーパーの特徴

バリュアブルスリーパーの特徴

睡眠時間が6時間以上9時間未満で満足できる人は、「バリュアブルスリーパー」という種類に分類されます。

人工比率は80%と、世界中のほとんどの人がバリュアブルスリーパーと言える値です。

6時間~9時間の間で構成されるため、ショートスリーパー寄りの人、ロングスリーパー寄りの人で分かれています。

睡眠時間3タイプの中間に当たるため、バリュアブルスリーパーの方はその時の精神状況によって睡眠時間の長さが左右されます。

このように、バリュアブルスリーパーが人口のほとんどを占めているため“日本人の平均睡眠時間は7時間30分”と計算されたのでしょう。

睡眠時間のタイプ③ロングスリーパー

ロングスリーパーの特徴

ロングスリーパーの特徴

睡眠時間を9時間以上とらないと満足できない人は「ロングスリーパー」という種類に分類されます。

人口比率は5~10%と、バリュアブルスリーパーに比べて少ないです。
ロングスリーパーの人は「内向的」、「ストレスを溜め込みやすい」といった特徴があります。

日ごろからストレスや疲れを溜め込みやすいため、心身へのダメージが大きく長い睡眠時間をとろうとするのです。

ショートスリーパーは起業家の人が多いとお話しましたが、ロングスリーパーには芸術家タイプの方に多く見られます。

歴史上で有名な人物を上げると、“アインシュタイン”がこれにあたるそうです。

あなたの理想的な睡眠時間の見つけ方

あなたに合った睡眠時間を見つけよう

あなたに合った睡眠時間を見つけよう

ご存知の方も多いかと思いますが睡眠には、浅い眠りの“レム睡眠”、深い眠りの“ノンレム睡眠”の2種類が存在します。

このレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを起床までに90分ずつ繰り返すのが通常の睡眠。目覚めるときにレム睡眠だった場合、すっきりとした目覚めになると言われています。

つまりは、6時間や7時間半、と言った“90の倍数”となる睡眠時間が理想であると言えます。

時間があるときに、色々な睡眠時間を試し、その日の体調を記録しながら自分にあった睡眠時間を割り出してみましょう。
“90の倍数”となる睡眠時間を意識して、自分の目覚めやすい時間を探るのがポイントです。

また、その際に“毎日決まった時間に眠ること”も大切なポイントとなります。眠りに入る時間がバラバラだと、日ごろの変化に気付くことができませんからね。

脳の疲労度によって睡眠時間が決まる

ストレスを溜めこみやすい人

ストレスを溜めこみやすい人

睡眠時間は、“脳の疲労感”で決まると言われています。
バリュアブルスリーパーの種類に分類される方でもロングスリーパー寄りの方は、ストレスを溜め込みやすく脳が疲れやすいため、多くの睡眠時間が必要となってきます。

つまり、ストレスを感じやすい人は、脳の疲労感の回復が遅いため長めの睡眠時間を必要とし、反対にストレスに強い人は、脳の疲労回復が早いため短い睡眠時間でも大丈夫ということなのです。

まとめ

睡眠時間のタイプには3種類あり、なかでもバリュアブルスリーパーが人口のほとんどを占めているということがわかりました。

日本人は、世界の中でも働く時間が多いため比較的に睡眠時間が短い種類に分類されています。

これは、睡眠時間がとれなくなったという考えではなく、短時間の睡眠でもすっきりできる体質に変わってきたということ。

つまり、睡眠時間を削ってまでやりたい趣味がある、仕事をもっとしたい、という方は脳に疲労感を与えないよう、明るく楽しい日々を送れば睡眠時間も変わってくるということになります。あなた自身の理想的な睡眠時間を把握し、質の良い睡眠がとれるようになるといいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?