睡眠で本当に大事なのは睡眠についてから3時間!

昔から睡眠のゴールデンタイムは22時〜2時と言われてきました。もちろんこの時間に睡眠が取れれば生活的にはベストです。でもこれって現代社会においては難しい時間ですよね?
実は睡眠で本当に大事なのは、睡眠についてからの3時間です。入眠後3〜4時間の間、成長ホルモンが分泌されることがわかっており、この時間に質のいい眠りをすることで、1番の快眠に繋がります。

トータルの睡眠時間も重要!

では、3時間睡眠が取れれば大丈夫なのでしょうか?
もちろん答えはNO!です。
睡眠時間はトータルで6〜8時間が良いとされています。この中の最初の3時間で深い睡眠を取ることが重要です。

そして睡眠時間が長すぎても、短すぎても良くありません。高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが高くなります。
何事もほどほどが大事ですね。

質の高い眠りをするためには

寝る前にスマホをいじったりしていませんか?スマホにはブルーライトという強い光が出ています。これが睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌を減少させ、スムーズな睡眠の妨げとなります。
ベッドに入ったらスマホは触らず、すぐに寝るように心がけましょう。

現代社会にあった素敵な睡眠時間を!

今まで定説とされていた22時〜2時は時代遅れ。大切なのは入眠から3時間!これからはこの3時間を意識して、質の高い睡眠時間を送りましょう。
また夜更かしや、休みの日はダラダラ寝るといったこともNG!メリハリある睡眠生活で、健康に過ごしてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠によい食べ物「肉・魚」を、毎日の食事にうまく取り入れるための工夫

今回は肉・魚が睡眠にもたらす効果をご紹介!毎日の食生活に肉・魚をかしこく取り入れることで、睡眠の質を上げるの…

我道をゆく!9時間以上の睡眠時間を必要とする種類の人はロングスリーパー

9時間以上の睡眠時間を必要とする天才肌が多い一方で孤独になりがちなロングスリーパーの特徴についてご紹介します…

日中動けてる?パフォーマンス力の低下を促す睡眠の取り方

睡眠不足になると、日中の動きが悪くなってしまいませんか? 睡眠不足が引き起こす問題「パフォーマンス力の低下」…

良い眠りへと改善するにはツボ刺激!百会を刺激して気持ちよく眠ろう

毎日気持ちよく眠りたい人は、ぜひツボ刺激を取り入れてみましょう。誰でも知っているあのツボが睡眠にもとても役に…

夫婦円満の敵!いびきの予防と対策グッズを総まとめ

好きな人のイビキで眠れない、自分のイビキが迷惑になっている。そんな悩みはイビキを予防する対策グッズで解消しま…

寝る前に考え事をするのはNG!質の良い睡眠を素早くとる3つの方法

睡眠は身体が休みをとるためのものですので、体が睡眠モードに切り替わることが重要となります。質の良い睡眠をとる…

あなたの睡眠時間は?睡眠時間6~9時間が最も寿命が長くなる!

あなたは毎日何時間ねていますか?今回は最も一般的と言われている睡眠時間(6~9時間)に分類される方をご紹介し…

プラス思考が多い?!ショートスリーパーのメリット

睡眠の長さは生活習慣だけでなく、思考も変えることをご存知ですか?本日はショートスリーパーのメリットをご紹介し…

百害あって一利なし!?睡眠障害から鬱になりやすいってホント?睡眠のリセット効果が大事…

睡眠には脳を休ませる効果の他にも、イライラとストレスを解消する効果があるといわれています。睡眠障害を抱えてい…

ゲームやスマホのやり過ぎが原因?子どもの睡眠障害には生活リズムを整えることが第一

大人だけではなく子どもの睡眠障害も増えているそうです。その一因はゲームやスマホのやり過ぎもあげられています。…

睡眠効率をあげるために覚えておきたいこと3つ

あなたは毎日ぐっすりと眠れていますか?翌朝スッキリ感を感じますか?もしそうでなければそれは「睡眠効率」が悪い…

良質な睡眠にする寝具選びのポイントやマジョラムのアロマのにおいによる効果

良質な睡眠がとれるということは、精神的だけでなく健康的にも有意義なものとなります。 質の良い睡眠の正しいと…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!