何だかいつも寝た気がしない、よく寝たつもりなのに朝から眠いという人は寝室の灯りを見直してみましょう。寝入りばなの部屋の明るさや寝ているときの明るさは、実は睡眠の質に大きく影響します。どんな明るさがよい睡眠には必要なのでしょうか。

睡眠と灯りの関係

灯りは睡眠にはとても重要

灯りは睡眠にはとても重要

睡眠になぜ照明が関係するかというと、たとえまぶたを閉じていても、人の目は明るさは感じるようにできているからです。

目を閉じていても身の回りの環境に従えるようにできているのです。ですから、部屋の灯りがどのようになっているかは重要になります。

真っ暗ではいけないの?

真っ暗が怖いのと同じ原理

真っ暗が怖いのと同じ原理

寝るのだから真っ暗の方がよく寝られると考える人が多いでしょう。しかし、真っ暗は逆に睡眠を浅くすると言われています。

真っ暗の場所を人が怖いと思うのは何も見えないところでは身を守ろうとする防衛本能が働くからですが、寝ているときでも同じです。暗いと何が起こるか分からないと察知し、神経が緊張状態になってしまいます。

どのくらいの明るさがいい?

かなり薄暗い感じ

かなり薄暗い感じ

寝ているときの照明は0.3ルクスくらいがちょうどいいと言われています。

上映中の映画館で1、2ルクスくらい。満月の月夜で0.1~0.2ルクスです。0.3ルクスはかなりほの暗い明るさといえるでしょう。

30ルクスよりも明るくなると今度は成長ホルモンが分泌するノンレム睡眠が減ってしまいます。部屋の照明を点けっぱなしで寝てしまうと疲れがとれないのは、ノンレム睡眠に入れない浅い眠りだからです。

オレンジ色の灯りが睡眠には最適

温かい色味にほっとする

温かい色味にほっとする

明るさの次に大事なのが光の色です。

眠りを導くのはメラトニンというホルモンですが、これは明るく強い光の元では分泌されにくくなります。夜にネオンのまぶしい町中やコンビニに行くと寝付きが悪くなるというのはこのせいです。

セロトニンの分泌を促すのは暖色系の灯り。オレンジ色の温かい光があると私達は眠くなっていきます。

小さな灯りをつけ加えよう

少しの灯りを添えて

少しの灯りを添えて

部屋全体を適度な暗さ、明るさにするのは難しいかもしれません。

ならば部屋の灯りは全て消して真っ暗にし、小さなサイドサイトを上手に取り入れましょう。床置きのフロアランプでもいいですし、ベッドサイドにランプをおくのもおすすめです。

快適な睡眠にはさまざまな環境を整えることも大事です。特に照明は真っ暗でない薄暗さがポイント。自分が寝やすいと思う明るさを研究してみましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠改善に必要な光や目覚めをサポートする照明器具、コーニス照明の特徴・注意点

良質な睡眠をとるためには光を浴びるのが効果的という話は一度は耳にしたことがあるかと思います。 しかし、どの…

枕選びは高さが大切!正しい高さの枕で快眠生活をしよう!

十分な睡眠をとったにも関わらず、昨日の疲れが残っている・・・。ということはありませんか?今回はその睡眠による…

質の良い睡眠に改善する!百会のツボの効果や押し方、力加減や時間をご紹介

肩こりや腰痛、月経痛などあらゆる症状に対する効果が期待できるとされているツボですが、睡眠の改善効果もあること…

睡眠不足に有効な解消法はコレ!ぐっすり眠れるコツをご紹介

多忙な毎日を送っている主婦やビジネスマンの方はじっくりと休息をとることが難しく、睡眠不足を放置しがちですが、…

それこそ睡眠に悪い食事!深い眠りを妨げるアルコール摂取に晩酌も寝酒もNG?

眠れない夜、お酒を飲んでから眠る人も多いと思います。でも、ちょっと待ってください。睡眠改善のためにしている行…

スマホを朝日と勘違いしてしまう?青白い光は朝に浴びるべき重要な理由

睡眠の質を改善するなら光をコントロールしてみませんか?朝に青白い光を浴びることで、寝るときに眠気が訪れるんで…

朝まで快眠できると評判!ニトリのマットレスが売れてる理由とは!?

質の良い睡眠はマットレス選びが重要です。睡眠の改善するために、現在はさまざまなメーカーや販売店が特徴的なマッ…

火を使わないキャンドルライト!?優しく暖かで安全な炎が睡眠改善をサポートする!

寝室に置くとリラックス感が違うと評判の間接照明キャンドルライト。使うと睡眠が改善される上に、最近では種類が豊…

電気をつけたまま寝ることが肥満につながる!?睡眠と照明の重要性とは

良質な睡眠をとるためには、普段の食生活の見直しや生活リズムの改善などを行う必要がありますが、照明の影響を強く…

一日中歩き回った足に試してみて!20センチの高さの足枕が気持ちいい

最近女性の中で話題を呼んでいる足枕というものを知っていますか?毎日蓄積されていく足の疲れをリフレッシュし、女…

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

どんな種類を選べばいいの?睡眠の質を高めるなら寝具のマットレスにこだわりたい

ぐっすりと眠るためにも寝具にこだわりたいもの。その中でもベッドのマットレスに着目しました。睡眠の質を高めるた…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!