なかなか眠れない人が心地よい睡眠を取るために、今日から簡単にできることがあります。それは食事に注意することです。

その一つとして、夕食に揚げ物など消化に悪い食べ物をたくさん食べないようにするということです。脂っこくて消化に悪い食べ物はなかなか消化されずに胃にとどまります。それで、胃がむかむかしたりして、入眠を妨げます。

眠れない人は夕食に注意しないといつまでも眠れない

1日のうちにしなければならないことを全て終えた後の夕食はおいしいものです。晩酌をしながら塩分のある揚げ物を食べるのが至福の時間かもしれません。

しかし、揚げ物のような消化の悪い食べ物をたくさん食べると、いつまでもお腹が苦しい感じがして、なかなか眠れなくなります。

消化に悪い食べ物のせいで胃の調子を崩すと更に眠れない

年と共に段々、胃が消化の悪い食べ物を消化するのが下手になります。長い時間胃もたれが続くと、なかなか眠れなくなります。眠れない日が長く続くと体調を崩します。

体調を崩すと、更に胃が食べ物を消化するのが下手になります。そのうち、いつも胃の調子が悪いままとなります。こうなると、更に眠れなくなります。

睡眠に悪い食べ物を知っておかないといつまでも眠れない

人によって体質が違うので、睡眠に悪い食べ物も若干違ってきます。一般的には揚げ物など脂っこい食べ物が睡眠に悪い食べ物といえます。

揚げ物などは夕食にたくさん食べないようにし、ランチなど日中に食べましょう。同じだけの量を食べても胃の調子は崩しにくいです。ダイエット効果も高まり一石二鳥です。

まとめ

晩酌のお供にはあれば大喜びという人が多い揚げ物ですが、眠れない人はより眠れなくなる可能性が高いです。好物でも消化に悪い食べ物はランチで食べるとよいでしょう。

晩酌のお供には睡眠に悪い食べ物は極力避けるようにしましょう。食事に気を付けるだけで眠れるようになったり、睡眠の質を向上させることができます。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!