私たちはこの世に生を受けた時から何の疑問も持たずに、
自然に睡眠をとる生き物です。
・人はなぜ眠るのか?
・睡眠とは一体どんなものなのか?
考えたこともない人がほとんどだと思います。

しかし、普段私たちの脳と心身の疲れを癒す睡眠の起源には、
面白い理由が隠されていたのです。その内容をご紹介します!

睡眠と体内時計の関係

寝る=優れた生物の証

寝る=優れた生物の証

地球上で生きる全ての生物は,
バイオスフェアという地表の限られた圏内に住んでいます。
そこには昼夜のリズムが規則的に変化する環境が整っており、
人間はそのリズムを本能で感じ取りながら、
活動と休息のリズムを繰り返しているんです。

なぜこのような発達を遂げたのか??
それは「この方法が最も疲労を早く回復し生き残る方法だった」からと言われています。

すべての生物の体内にはいわゆる”体内時計”と言うものが存在し、
これが自然に働き機能することで、長生き出来る生物へと発展を遂げたのです。

神から授かった睡眠と言う宝物

あなたも寝ている!?

あなたも寝ている!?

この体内時計を人間の体に備え付けてくれたのが神だと言われています。

全生物が普遍的に神から与えられた機能の中に、
休息と活動の概日リズム=サーカディアン・リズムと言うものがあり、
人はこの機能のおかげで”昼間行動し夜眠る”と言う行動を繰り返しています。

概日リズムは24時間11分周期。動物、植物、菌類、藻類に存在しているんですよ。
菌類や藻類にも体内リズムがあって、寝たり起きたりしていたなんて驚きですね!

更なる進化!脳と睡眠の関係

睡眠で疲労が取れる仕組みは神が創ったものだった

睡眠で疲労が取れる仕組みは神が創ったものだった

人間は長年サーカディアン・リズムの元睡眠を取りながら、
脳と心身の疲れを癒すと言う行動を繰り返していました。

しかし時の経過と伴に人間の”脳”は別の生物とは比較にならない程発達し、
「なぜ眠るのか?」と言う基本的な行動にも変化をもたらしたのです。

この変化により人間は体内時計のリズムではなく、
脳の疲労に従って睡眠をコントロールするようになりました。
つまり現代人は、太陽によってではなく、脳が睡眠を管理するようになったのです。

まとめ

普段何気なく取っている睡眠もこうして起源や発展の歴史を知ってみると、
なぜ人によって「眠る」と言うスタイルが変わって来たのか、良く分かって来ますね。

だから人によって夜勤や不規則なライフスタイルでも、
体がついて行くことが可能だったんです。
これからは「脳」を意識しながら「どれくらいの睡眠時間が必要か」考えて行きたいです!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

池袋駅周辺にある睡眠障害の専門的な診療ができる病院をご紹介!

近年では深刻な問題になっている日本人の睡眠不足。 寝ているのに目覚めが良くない、最近あまり眠れないなどと感…

睡眠の質を改善しよう!睡眠の質が悪い原因や激しい運動の注意点とは

睡眠時間は十分にとったはずなのに、朝起床したときに疲れが残っていたり、眠気を感じることはありませんか? 今…

寝具の色は何色?睡眠に最適な色やよくない色、快眠に有効な低反発ポリウレタン素材の枕を…

1日の多くの時間を過ごす寝室では、どのような色の寝具を使用しているでしょうか? 色が人間に与える影響につい…

良い睡眠をとるために心がけなければいけない食事内容について

人間の三大欲求は食欲と睡眠欲、性欲とされており、その欲求の中でも睡眠欲と食欲には密接な関係性があります。

睡眠の質を良くしよう!睡眠の質が悪い主な原因やうつ伏せで寝るメリット・デメリット

毎日の疲れをリフレッシュするために重要な役割を果たす睡眠の時間ですが、その寝方には個人差がありますよね? …

脳波でわかる睡眠状態!精神活動中のβ波睡眠とは

睡眠障害=寝たくても寝られない状態は、脳から出ている脳波「β波」と関係があるんです。睡眠薬を手にする前に、コ…

22時〜2時には眠るのが定説?睡眠時間のゴールデンタイムとは?

睡眠は量より質といわれます。ではどんな眠りが質のよい眠りなのでしょうか。いろいろな要素がありますが、眠る時間…

カモミールは子どもにも使える安眠薬!ストレス過多の時代を乗り切るアロマ活用法

ストレスが蓄積されると眠るのが困難になったり、良質な睡眠をとるのが難しい状態になります。 そんなときにはア…

眠りを失ってしまったあなたへ。睡眠を改善するツボ「失眠(しつみん)」の場所教えます!…

眠を失うと書く「失眠(しつみん)」。そのツボはまさに不眠を解消するツボでした!そんな失眠の場所と押し方をご紹…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

鼻呼吸に必要な「あいうべ体操」とは?正しい鼻呼吸にするだけで朝までぐっすり

睡眠と呼吸は深いつながりがあったんです。鼻呼吸は生まれたばかりの赤ちゃんがする生命維持をする大切な行為。それ…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!