寝ても寝ても眠いことがあります。春先など特に眠気を誘う時期が存在します。私って過眠症かも?と思うくらいに眠くなる経験は誰しもが持っているはずです。ですが、問題はその眠りの程度です。昼間、まるで意識を失うように眠ってしまうのなら、それはナルコレプシーという病気かもしれませんよ。

ナルコレプシーとは

あんなに寝たはずなのに・・・

あんなに寝たはずなのに・・・

寝ても寝ても眠い、夜も10時間以上寝ているから睡眠はバッチリなはずです。それなのに耐えられないほどの睡魔がやってきます。時を場所を選ばずに襲ってくる眠気。気がつけば意識を失うように眠ってしまっています。それこそ、過眠症の一種であるナルコレプシーの典型的な状態です。


日本人に多いと言われているナルコレプシー。約600人に1人がかかっているのだとか。実はこのナルコレプシー、症状は過眠だけではないのです。

ナルコレプシーの症状

どんな場所でも寝てしまいます

どんな場所でも寝てしまいます

ナルコレプシーは、日中に短時間睡眠を繰り返す過眠症のひとつです。夜なかなか眠れないと思っていたら、昼間に発作的に寝ていたなどというケースもあります。立派な睡眠障害です。
症状として、寝ちゃいけないと強く思えば思うほど眠ってしまう睡眠発作、感情表現にあわせて眠ってしまうカタプレキシーがあります。
その他、金縛り、悪夢もナルコレプシーの範疇に入ります。金縛りや悪夢は脳が眠りに入っているのに、意識がまだ起きている状態で起こりやすくなります。

治療には周囲の協力が欠かせません

ナルコレプシーの治療は精神科へ

ナルコレプシーの治療は精神科へ

精神科を受診することで症状改善に役立ちます。ですが、ただ処方された薬を飲んでいるだけでは思うように睡眠障害の改善を図ることができません。
突然、眠り込んでしまうあなたを見て、何も知らない人はフザケているとか、怠けているなどとマイナスな評価をしがちです。中には気合が足りないからだとばかりにお説教する人もいることでしょう。


ですが、ナルコレプシーは怠けているのでもなく、ましてや気合で治るものでもなく、れっきとした過眠症です。周囲の理解と協力を得られるか、得られないかで治療の進み具合も変わってきます。お説教をする人の言うことは、納得したふりをして気にしないことです。

まとめ

過眠症の一種でもあるナルコレプシー。発作的に眠り込んでしまう症状があります。緊張して眠りたくないと願えば願うほど眠ってしまう、ちょっとやっかいな病気です。もし気になる点があったら、精神科の受診がオススメです。自分で睡眠コントロールができるようにお薬を処方してもらいましょう。これで気になる睡眠障害の改善がはかれるはずです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠の質を上げるならコレ!!寝る前にぬるま湯に浸かるだけで質が良い眠りが訪れる

人間にとって必要不可欠な睡眠。質の良い睡眠を得るには「ぬるま湯につかる」だけで良いんです♪

オレンジの色が眠気を誘う?人間の身体に影響を及ぼす光と睡眠の関係とは?

良質な睡眠を手に入れたい!それならオレンジ色を取りれましょう。体と深い関わりがある光のカラーについて調べまし…

質の悪い睡眠が原因?記憶力の低下を招く悪習慣とは

睡眠は人間の健康状態を保つために必要なものとなるため、質が悪くなるとあらゆるトラブルの原因に繋がります。睡眠…

なぜ眠る?睡眠をとる主な理由や効果、ストレスを取り除く方法をご紹介!

十分な睡眠時間をとったはずなのに朝の起床時には怠さが残っていたり、日中の仕事にうまく集中できないなんてことは…

睡眠改善に必要な光や目覚めをサポートする照明器具、コーニス照明の特徴・注意点

良質な睡眠をとるためには光を浴びるのが効果的という話は一度は耳にしたことがあるかと思います。 しかし、どの…

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

その名も「安眠(あんみん)」!ぐっすり眠れるツボは耳の後ろ側にある

毎朝スッキリしない・・・その原因は眠りが浅いからかもしれません。深い眠りが手に入れられるツボ・安眠(あんみん…

深い眠りのノンレム睡眠。ごく浅いステージ1とは?

ノンレム睡眠に段階があるのをご存知ですか?今回はノンレム睡眠のステージの一つ「ステージ1」についてご説明しま…

メラトニンはサプリメントで補給できる!生活リズムを整える最も手軽な方法

メラトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、睡眠に大きな影響を与えます。サプリメントで摂取することも可能ですので、…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

夜更かしが不眠の原因?夜更かしを改善する方法を学んで睡眠を改善!

良質な睡眠をとるためには、就寝前の時間の過ごし方が重要となりますが、知らないうちにやっている習慣によって、睡…

睡眠には異なる性質あり!睡眠の種類やノンレム睡眠ステージ3の中程度睡眠などをご紹介

1日の疲れを引きずらず、心地の良い良質な睡眠をとりたいという願いは、誰もが抱いているものですよね? 不眠で…

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?