静かな夜。その静寂を切り裂くように突然の咳。せっかく寝ていたのに中途半端に起きています。近くに寝ていた家族も心配して起きてしまいました。心配そうにしている家族に大丈夫だと告げて、再び眠りに入ります。毎晩、こんなことが続くと昼間にも眠気がさすようにも。それでも本人には思い当たることがありません。夜中に起きた時は寝ぼけているのですから。それって、睡眠時無呼吸症候群かもしれませんよ。

睡眠時無呼吸症候群とは

ぐっすりと寝たいですよね

ぐっすりと寝たいですよね

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。眠っているさなかに起きるため、本人に自覚症状がないこともあります。家族に指摘されて初めてわかるケースが多いと言われています。
睡眠中に呼吸が止まり咳込んだとしても、寝ぼけているような状態で、覚えていないのです。


大きな問題は、朝が覚めたてもぐっすりと熟睡した感覚が無いことです。昼間にも眠気がさして、運転中にヒヤリとすることが増えてきます。こうなってくると日常生活にも支障が出てくるので、キチンとした対処が必要になります。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。

睡眠時無呼吸症候群の原因は?

ぽっちゃり体型だけが原因ではありません

ぽっちゃり体型だけが原因ではありません

睡眠時無呼吸症候群には、2種類あります。
気道が狭くなってしまうことにより無呼吸が引き起こされるタイプと脳に司令がいかなくなってしまうタイプにわけられます。前者は閉塞性睡眠時無呼吸タイプと呼ばれ、ほとんどの睡眠時無呼吸症候群の患者さんがこちらに当てはまると言われています。


一般的にぽっちゃりとした体型の人がかかりやすいイメージがあります。ですが、痩せているから大丈夫だと思うことは間違いです。特にイビキをかく傾向のある人は注意が必要です。

日常生活で気をつけたいこと

まずは食生活の見直しを

まずは食生活の見直しを

過度の飲酒には注意が必要です。たくさんお酒を飲むとイビキをかきやすくなります。イビキをかくことが気道を狭めている原因になっています。寝酒の習慣がある人もやめたほうが賢明です。
適正な体重を保つことは、睡眠時無呼吸症候群の改善で一番の重要ポイントなのだそうです。また、顎が小さいタイプの人は少しぽっちゃりしただけで気道が狭くなるため、日頃から体重管理を心がけましょう。


カフェインのとり過ぎも睡眠時無呼吸症候群を誘発しやすいポイント。その他、寝る際の姿勢を横向きに変えることで、気道を確保しやすくなるのだとか。また、口呼吸をやめて鼻呼吸に変えるなど、日常生活で改善スべき点はたくさんあります。

まとめ

家族に指摘されて初めてわかることが多い睡眠時無呼吸症候群。少しでも気になることがあったら、早めの受診をオススメします。早期発見、早期治療が肝心です。お医者さんの指示にしたがって、しっかりと睡眠時無呼吸症候群を治療しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

いびきに悩む人はうつ伏せ寝がいい⁉︎質の高い睡眠には眠る姿勢が重要です

質の高い睡眠をとるには、寝ているときの姿勢も重要になります。うつ伏せで寝ることはメリットもありますがデメリッ…

日本人に多い睡眠障害ナルコレプシー!対策に使われる処方薬のまとめ

睡眠障害ナルコレプシー。決して居眠りや怠けではなく、病気の一種です。本日は日本人が世界で1番多いと言われてい…

プラス思考が多い?!ショートスリーパーのメリット

睡眠の長さは生活習慣だけでなく、思考も変えることをご存知ですか?本日はショートスリーパーのメリットをご紹介し…

夜更かしが不眠の原因?夜更かしを改善する方法を学んで睡眠を改善!

良質な睡眠をとるためには、就寝前の時間の過ごし方が重要となりますが、知らないうちにやっている習慣によって、睡…

不眠症改善に!疲労や冷え、不眠にも効果がある「湧泉(ゆうせん)」は万能なツボ

不眠を改善するなら、お手軽なツボ押しをしてみませんか?安眠をもたらす湧泉(ゆうせん)の場所と押し方をご紹介し…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

抱き枕にぐっすり眠る秘訣あり!質の良い睡眠をとるために工夫できることとは!?

あなたはどんな枕を使っていますか?枕は睡眠に大切なアイテムですが、抱き枕も質の良い睡眠をとるために実は良いア…

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

枕も夏物に着替えよう!寝苦しい夜を乗り切る夏用枕の選び方

この時期いつも暑くて眠れない・・・。それなら枕を衣替えしましょう!夏はその季節にあった素材を選ぶことが大切な…

睡眠の質を上げるならコレ!!寝る前にぬるま湯に浸かるだけで質が良い眠りが訪れる

人間にとって必要不可欠な睡眠。質の良い睡眠を得るには「ぬるま湯につかる」だけで良いんです♪

6時間未満の短時間睡眠をする人はショートスリーパー!睡眠時間の種類について

睡眠時間ほど個人差があるものはありません。休みの日にはずっと寝ている人もいれば、外に出かけていつもいない人も…

つらい睡眠障害は不安が原因?睡眠を妨げる心理的原因を取り除くには

なかなか眠れない、つらい睡眠障害。 眠ろう眠ろうと思っても、かえって目はさえるばかり。 体の疲れもとれないし…

関連するキーワード

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?