夜になると現れる不快な症状。なんだか足がムズムズしてくる。そのムズムズ感が耐えられず、夜もなかなか眠れない。それはむずむず脚症候群という病気が原因かもしれません。どうしてそんな病気になるのか、原因をまとめてみました。

むずむず脚症候群とは

足の不快感は困ります

足の不快感は困ります

夜、布団に入ると足の表面がムズムズするのではなく、もっと奥のほうに掻痒感を感じます。表面上だけが痒いのなら、対処方法もありますが、手の届かない奥のほう、骨の付近に痒みを感じます。その感じ方を表現すると、まさにムズムズする感じです。
そんな時、思い切って布団から出て歩いてみるとムズムズが解消されます。ですが、だからといって一晩中歩いているわけにもいきません。
また夜だけだと思っていたら、昼間でも足に不快感を感じるようになり、動かさずにはいられなくなります。

足がなんだかむず痒くて、それが原因で眠れない日々が続き、昼間に眠気を感じるようになる、それがむずむず脚症候群の特徴です。

どうして足がムズムズするの?

なんで家族の中で私だけ?

なんで家族の中で私だけ?

いえいえ、困っているのはあなただけではないかも。

原因がまだまだわかっていない部分が多い、むずむず脚症候群。ぐっすりと眠っている家族を見て、なんで私だけこんな思いをするのか、悩む日もあることでしょう。実は、この症候群。遺伝によるものもあるのです。もしかしたら、家族や親族の中にも困っている人がいるかもしれません。

その他、鉄分が不足した貧血が原因になっていることもあるのだとか。また、脳内物質であるドーパミンとも関係があるのではないかと言われています。

 むずむず脚症候群は、原因が特定できない特発性(一次性)と、他の病気や妊娠、服用している薬剤が原因となって起こる二次性があります。
 多くは発症原因のわからない特発性(一次性)むずむず脚症候群で、遺伝や鉄の欠乏、脳のドパミンの機能障害などが関係していると考えられています。

どこの科を受診すればいいの?

お医者さんに相談を

お医者さんに相談を

診察は睡眠を専門にあつかっている病院、睡眠障害専門外来、不眠をあつかう精神科もしくは神経内科を受診します。

病院ではまずお医者さんへの問診があります。また、むずむず脚症候群かどうかの検査をおこなうこともあります。これは、他にも似通った病気があるため、きちんとした診断を下すため補助的なものです。
むずむず脚症候群であると決まったら、投薬の治療を開始することもあります。

むずむず脚症候群を軽くする方法

日常生活にカギがあります

日常生活にカギがあります

日頃の生活でむずむず脚症候群を改善する方法があります。

・カフェイン摂取に気をつける。
・禁煙する。
・昼間に適度な運動を心がける。
・食事に気を配る。
・寝る前にマッサージをする。

などが挙げられますが、やり過ぎには注意です。ストレスが貯まり過ぎないようにしながら、バランスよく適度に、が一番の解消法のようです。

まとめ

病院にかかる前に、日常生活の改善をオススメします。それでも、どうしても改善しない時には、専門家にお任せしたほうがベストです。お医者さんに症状の説明をして、むずむず脚症候群と診断名がついたら、しっかり治療をしましょう。むずむず脚症候群は不治の病ではありません。だからこそ、勝手な自己判断で悪化させないように注意が必要です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ベッドルームにオススメ!柔らかく漏れるような光を作る「コーニス照明」とは?

壁のうえから柔らかい光が漏れるような照明は魅力的ですよね。リラックス効果がで安眠も期待できるそのオススメの照…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

不眠症の改善にはストレスを取り除く!?湧泉のツボ押しでスッキリが気持ちいいい♡

身体の疲れや、心のストレスを取り除く方法の一つにマッサージがあります。直接筋肉に働きかけるようにマッサージを…

オレンジ色は「夕日」を連想させる!就寝前は間接照明に切り替えて心地よい眠りを誘おう

眠る前の照明の光は何色ですか?就寝前の電気を間接照明にするだけで、睡眠の質が上がる!?

睡眠時間の長さに影響するレム睡眠!睡眠の種類を知って、眠りの質をアップさせよう

レム睡眠という言葉を聞いたことはありませんか? 実はこれ、睡眠の種類の中でも浅い眠りのことを言います。 レム…

アインシュタインもロングスリーパー!睡眠の長さで思考も行動も変わり天才になる!?

平均睡眠時間9時間以上のロングスリーパー。1日の3分の1以上を睡眠にあてるロングスリーパーの特徴とは?

一日中酷使した目にご褒美を!目の症状に効果的なツボ「太陽(たいよう)」で快眠になろう

毎日パソコンやスマホを使っているあなたへ。目の疲れが不眠を引き起こしている可能性があります。今回は目の疲労を…

もう途中で目なんか覚めてたまるか!睡眠障害を克服して睡眠不足の症状を改善する方法

せっかく眠った後夜中に2回や3回と途中で目が覚めてしまうことはありませんか?その頻度が1週間に3日以上あると…

食後3時間以内に寝るのは危険なの!?睡眠の質について考えよう

食後3時間以内に寝るのは危険とされています。睡眠中は体の機能が低下してしまうからです。寝るのではなく、横にな…

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

質の良い睡眠のために!寝る前に軽いストレッチとヨガを取り入れませんか?

疲れた方がよく眠れるからと、運動をしっかりとして睡眠に入る人がいます。ですが、質の良い睡眠には軽い運動がオス…

孤独を愛する性格の人は睡眠で共通点がある?その睡眠の特徴とは?

「何時に眠るのが良くて何時に起床するのが最適なのか」という疑問は誰しもが抱えているものかと思います。あなたの…

関連するキーワード

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!