寝る前にお腹が空いた時、何を食べても良いわけではありません。
睡眠を妨害してしまう食べ物もあるので、限られたものしか口にしてはいけないんです。
そんな中でもオススメなのが栄養価の高いバナナ!
今回は、バナナはなぜ睡眠に良い食べ物なのか、バナナの魅力をご紹介します。

バナナはなぜ効果的?

バナナに含まれる成分

バナナに含まれる成分

バナナは栄養価が高いことでも知られている果物ですが、その秘密はバナナに含まれる成分が関係しています。

トリプトファン

睡眠へと導く睡眠ホルモン、セロトニンに変化します。

マグネシウム

神経に働きかけ、興奮を抑制する効果があります。

ビタミンB

疲労回復、むくみ予防、皮膚炎予防、代謝を助ける効果や、貧血予防など、健康面を全面的にカバーしてくれます。

セロトニンが重要!

成長ホルモン

成長ホルモン

セロトニンとは「睡眠ホルモン」と呼ばれる成長ホルモンで、体内時計を整えるものです。このホルモンが分泌されることで、自然と眠りにつくことができるんですね。

睡眠前に食べる理由は?

お腹に残らない

お腹に残らない

バナナは食べると腹持ちが良いですが、その割りには消化が非常に早いです。
胃にも優しいため、次の日もたれる心配もありません。
更に、バナナに含まれる成分の効き目が早いことも、夜に食べてほしい理由の一つです。

ダイエットにも効果的

低脂肪を使おう

低脂肪を使おう

寝る前にホットミルクを飲む方もいらっしゃいますが、牛乳は消化が遅いため、実はあまりオススメの飲料ではありません。
結果的には、脂質や糖質を分解してくれるバナナを食べたほうが太りにくいんです。ちょっと意外ですよね。

バナナ+牛乳でもOK

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠とは“リズム・サイクル(周期)”で成り立っている?リズムを正常化させ、より良い睡…

睡眠とは“リズム・サイクル(周期)”で成り立っているということをご存知でしたか? 睡眠のリズム・サイクル(周…

知っておきたい。神経伝達物質と睡眠の関係性とは

神経伝達物質の種類は様々で、睡眠とは非常に密接な関係があるんです。睡眠とは何かを知るための一歩として、神経伝…

6時間未満の短時間睡眠をする人はショートスリーパー!睡眠時間の種類について

睡眠時間ほど個人差があるものはありません。休みの日にはずっと寝ている人もいれば、外に出かけていつもいない人も…

人間の身体は一日2回眠るのがよいってホント?ヨーロッパでは常識「シエスタ」お昼寝のス…

実はお昼寝がいろんな意味で良い!?仕事中どうしても眠いならお昼寝を取ってみてはいかがでしょうか?今回はヨーロ…

人はなぜ眠るのだろう?睡眠とは、脳と心身の疲れを癒す最大の薬。

「人はなぜ眠るのだろう?」 誰もが考えたことのある疑問点ですよね。 睡眠とは、脳と心身の疲れを癒す最大の薬。…

アインシュタインもロングスリーパー!睡眠の長さで思考も行動も変わり天才になる!?

平均睡眠時間9時間以上のロングスリーパー。1日の3分の1以上を睡眠にあてるロングスリーパーの特徴とは?

なぜ白米を食べると安眠できるの?白米の持つ睡眠改善の力とは?

白米を食べると安眠できるって聞いたことありますか?あまり知られていないのですが、睡眠の質を良くする効果がある…

朝食には糖分を補給するのが◎食事と睡眠の深い関係とは?

健康を維持するためには食事と睡眠が重要な鍵となります。これらには密接な関係性があり、どのような食事内容を行う…

人はなぜ眠るのでしょうか?眠らなくても死なないってホント?そのメカニズムに迫ります

子供の頃、眠れない夜に両親から「一晩くらい眠れなくても死なない」と言われたことはないでしょうか。そもそも人は…

抱き枕にぐっすり眠る秘訣あり!質の良い睡眠をとるために工夫できることとは!?

あなたはどんな枕を使っていますか?枕は睡眠に大切なアイテムですが、抱き枕も質の良い睡眠をとるために実は良いア…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

カロリーは抑えたいけど安眠も譲れない!女性に嬉しい低カロリーのお肉レシピ♡

睡眠に良いとされているお肉ですが、気になるのはやっぱりカロリーですよね。では、カロリーを抑えたメニューなら気…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!