小さい頃からピンク色が好きだから、シーツも枕カバーも掛け布団のカバーもタオルケットもピンクで統一。部屋をモノトーンに決めたいから、寝具もモノトーンで合わせている、などなど、好みや部屋に合わせて寝具の色を決めている方も多いと思います。しかし、快適に眠るためには、やはり寝具の色も影響があるのです。よく眠れないという方は、寝具の色を変えてみるのも良いかもしれません。

質の良い睡眠をとれる色の第一位は「青色」

青色の壁紙や寝具は心を落ち着かせてくれるそう

青色の壁紙や寝具は心を落ち着かせてくれるそう

では、心地よく眠れる色とは果たして何色なのでしょうか。イギリスのホテルサイトが行った調査によると1位は「青」。寝室に青色が使われていたり、青色の寝具で寝るとよく眠れるそうです。なぜなら、青色は心を落ち着かせたり、血圧や心拍数も安定させたりしてよい眠りに入りやすいから、だそうです。

目覚めの気分まで良くなる青色の寝具や壁紙

青色の寝具や壁紙を使用していると朝の気分も違うみたい♪

青色の寝具や壁紙を使用していると朝の気分も違うみたい♪

また、青色の寝具は他の色に比べて平均睡眠時間も長く、質の良い睡眠がとれるといいます。さらに青色の寝具を使用していると、寝付きがよいだけではなく目覚めた時の気分もとても良いそう。心地よい眠りにつくことができるうえに、気分よく目覚めることができる青色は、ぜひ男女問わず寝具に取り入れたいですね。

青色の次に壁紙や寝具におすすめのカラーは「黄色」

部屋を明るくしてくれる黄色も前向きな気分で目覚められるみたい

部屋を明るくしてくれる黄色も前向きな気分で目覚められるみたい

でも、青色は冷たい感じがするし、寝室に合わないので抵抗があるという方は、青色の次に質のよい睡眠がとれた黄色を選んでみてはいかがでしょうか。黄色は部屋を明るくあたたかいイメージにしてくれる効果もあるので、寒い時期にはとくにとりいれたい色です。さらに黄色の寝具を使用していると、目が覚めたときに前向きな気分で1日のスタートをきれるそうですよ。

安心して眠りたい方は「緑色」の寝具を使用してみるのも◎

安心して眠れる緑色を寝具にとりいれて質の良い睡眠を

安心して眠れる緑色を寝具にとりいれて質の良い睡眠を

他にも寝具におすすめの色はあります。例えばナチュラルなイメージが強い「緑色」。緑色は心を落ち着かせて安心して眠ることができる色なので、淡い色合いのナチュラル系の寝室の方は緑色をとりいれるのも良いかもしれませんよ。他にも夏は「青色」。秋から冬は「黄色」。春は「緑色」など、季節によって色を使い分けるのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?今まで寝具を好きな色や寝室の雰囲気に合わせて選んでいた方は、今度買い換えるときは、質の良い睡眠がとれる色に変えてみてはいかがでしょうか。それだけで案外、ぐっすり眠れて気分よく目覚めることができるかもしれませんよ。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?