寝る前に避けた方が良い行動って結構たくさんありますが、その中でもついついやってしまいがちなスマホや携帯、テレビ、そしてパソコンやタブレット。さらにコンビニの光も実は寝る前に影響があるので注意が必要なんです。そこで、寝る前に気をつけたい光をまとめてみました。

あなたは寝る前に何をしていますか?メールチェック?インターネット?

寝る直前までスマホや携帯をいじっていませんか?

寝る直前までスマホや携帯をいじっていませんか?

寝る前にスマホや携帯でメールをしたり、テレビで気になっているドラマの録画を見たり、パソコンでネットサーフィンをしたりしていませんか?寝る前にこれらの光を受けると交感神経が刺激されてしまいます。するといざベッドに入ってもなかなか眠れなくなってしまうのです。さらにスマホなどの光は体内時計を狂わせてしまうこともあるので寝る前は控えましょう。

いくらドラマの続きが気になっても寝る直前に見るのは控えよう

気になるあのドラマ…でもちょっと待って

気になるあのドラマ…でもちょっと待って

また、パソコンでインターネットをしたり、テレビ番組を見たりすると、色々な情報も入ってくるので、脳が興奮してしまい、余計に眠れなくなってしまうのです。なので、なるべく就寝前にはこれらの光や情報を入れないようにするのがおすすめ。寝る前はゆったりとお風呂に浸かったり、軽いストレッチなどをして脳や体をリラックスさせましょう。

深夜営業のお店の強すぎる光にも注意しよう

つい立ち寄りたくなるコンビニ。でも本当にそれは今、必要なの?

つい立ち寄りたくなるコンビニ。でも本当にそれは今、必要なの?

寝る前や残業で遅くなった時にコンビニや深夜営業のスーパーマーケットに立ち寄る方も多いかと思います。しかし、よほど買わなければならない物がない限り、これらの場所も昼間に訪れることをおすすめします。なぜなら、コンビニやスーパーマーケットなどはお客様の購買意欲を高めるためにも店内の照明がかなり明るくなっているから。

睡眠ホルモンにも大きな影響がでてしまう人工的な光

寝る前に人工的な光を浴びすぎると寝付きが悪くなることも

寝る前に人工的な光を浴びすぎると寝付きが悪くなることも

前述したように、寝る前に人工的な明るい光を浴びると交感神経が刺激されてしまうばかりか、睡眠ホルモンといわれているメラトニンの分泌が妨げられてしまい、夜遅くなっても眠気がおとずれずに生活のリズムまで狂ってしまいますので注意してください。

まとめ

いかがでしたか?寝る前に気をつけたい光って自分の周りに意外と多くあるもの。これらの光を出しているアイテムは生活に欠かせない物ばかりですが、質の良い睡眠をとるためには、その使用時間をしっかりと考えることも大切です。とくにお子様がいる場合は、翌日の学校のためにも、夜のスマホやパソコンには注意してくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?