「疲れているのに眠れない」不眠は生活の基盤となる仕事を始め、日常生活と大きく関わってくる深刻な問題です。周りに相談する人はいますか?

すぐにでも薬に頼りたい気持ちは分かりますが、睡眠薬を服用する際は効果や副作用、依存性などをきとんと把握してからスタートすることが大切です。

今回はその中でも「効果が強い」と言われている要注意の睡眠薬バルビツール系睡眠薬ラボナについてご紹介します。

睡眠薬ラボナとは

どんな効果があるのか?販売されたのはいつから?

どんな効果があるのか?販売されたのはいつから?

ラボナは1952年に発売が開始されたバルビツール酸系の催眠鎮静剤です。古くから市場に出回っている睡眠薬でこれまでたくさんの人が不眠を改善する為に使用して来ました。

この薬を服用すると脳全体の神経を鎮める働きがあり、その効果はとても強いと言われています。睡眠作用の他には抗けいれん薬としても使用されることも。作用時間は短時間から中時間型と言われています。

ラボナの依存性と注意すべきポイント

どうしても眠れない人に

どうしても眠れない人に

人は「眠れない」と言う苦痛から1日でも早く逃れたいと言う気持ちで睡眠薬を服用し始めます。飲み始めれば寝れるようになるけれど、最も心配されることが「薬の依存性」です。
ラボナは残念ながら依存性が高く、急に服用を中止したときの反発症状が強いと言われています。バルビツール系睡眠薬の中でも危険性が高いお薬なんです。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が登場した現在、使用されることは少なくなりました。それでも使用されるケースは、睡眠が自分ではどうしてもコントロール出来ない時やベンゾジアゼピン系の睡眠薬が効かない時にこの薬が薦められています。

ラボナの副作用

眠れる代わりに払わなければならない代償

眠れる代わりに払わなければならない代償

睡眠薬ラボナの副作用は
①ふらつきや眠気
②倦怠感
この2点が最も大きい症状です。

この薬を大量or長期間服用していると

・強い不安感
・不眠
・震え
・けいれん
・混乱
・幻覚

の症状を引き起こす可能性があると言われています。
酷い方には、息苦しさ、起床時の頭痛や頭重、高熱やひどい発疹、唇や口内のただれ、
のどの痛み、目の充血などが出た事が報告されています。

ラボナと内臓との関係

ラボナが内臓を破壊してしまうかも!?

ラボナが内臓を破壊してしまうかも!?

実はこのラボナ、服用すると内臓に悪い影響が出ると言われています。特に肝臓には負担がかかるそうで、服用量には大変注意が必要なんです。心臓病、腎臓病、肝臓病、呼吸気系の機能が低下している方、脳に病気のある方は使用を控えて下さい。

さらにラボナは別の薬との相性が悪い睡眠薬です。現在服用中の薬がある方は、必ず医師に相談し「どんな薬を飲んでいるのか」を伝え確認してから服用を開始して下さい。

また、アルコールを摂取した時に服用すると、睡眠効果がUPすると伴に、後で影響して来る副作用も大きくなりますので飲酒は控えて下さい。

眠れると言う幸せ

ラボナを飲むと天国の世界に

ラボナを飲むと天国の世界に

ラボナはバルビツール系の強い睡眠薬ですので、ひどい不眠症の方にとってはまるで天使のような薬に思えるかもしれません。しかし将来的には依存症の問題や副作用の症状が心配になります。

かと言って、世の中にある睡眠薬の中に、全く危険性の伴わないor副作用がない物というのは存在しません。睡眠薬を使用する以上は、その効果と引き換えに副作用を受け入れるしかないのが現状となっています。

まとめ

不眠の大変さは経験したことがある人にしか分からない大変辛い症状です。

薬に頼りたい気持ちも分かるのですが、まずは現在の生活の中で、解消出来そうな要素がないか、無理して頑張り過ぎているところはないか、良く振り返ってみて下さい。

それでもダメな時は薬に頼るのもありかもしれませんね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

 新たな不眠治療の可能性!新しいメラトニン受容体作動薬が良い理由は?

新しい睡眠薬 メラトニン受容体作動薬について解説しています。従来の睡眠薬にはない効果や改善された副作用をごら…

医師が教える効果!睡眠薬「ベンゾジアゼピン系リスミー」

良く効く薬なのに重篤な副作用が少ないと重宝されている睡眠薬ベンゾジアゼピン系のリスミー。短期型と言われている…

最新の睡眠薬!オレキシン受容体拮抗薬の効果と副作用は?

オレキシン受容体拮抗薬は最新の睡眠薬として注目されています。従来の睡眠薬とは異なる作用機序で眠りを助ける効果…

 中途覚醒で悩んでいる方にいい?睡眠薬レンドルミンの効果とその副作用とは?

睡眠薬レンドルミンはその効果時間と少ない副作用で支持を集める薬です。副作用が少ない分薬効も弱めと言われますが…

夜中に目が覚めてなかなか眠れない!中途覚醒に効果が高い睡眠薬ロラメットの特徴とは

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒に期待できる睡眠薬にロラメットがあります。この記事では睡眠薬ロラメットの特徴を…

もう処方されない?睡眠薬の「バルビツール酸系睡眠薬」はどうして危険なの?

レム睡眠を抑制し、脳全体に作用する非常に強いバルビツール酸系睡眠薬は、麻薬及び向精神薬取締法で厳しく管理され…

睡眠薬で睡眠改善を!睡眠導入剤との違いは?ハルシオンやフルニトラゼパムは癖になる?

眠れないとき、お医者さんで眠剤を処方されることがあります。眠剤には、睡眠薬と睡眠導入剤の2種類にわけられます…

寝つきは良いけど長く眠れない。そんな睡眠障害にリスミーは向いています

この記事では睡眠薬リスミーについて紹介しています。朝までしっかり眠れない方に効果が期待できる薬です。

【睡眠薬】寝つきの悪い人と中途覚醒に効果的!フルニトラゼパム「ロヒプノール」の注意点

夜中何度も目が覚めてしまう方に処方されることの多い「フルニトラゼパム」はベンゾジアゼピン系の薬剤です。

25年の実績がある睡眠薬!エバミールは効果が10時間も続くことで有名

睡眠薬エバミールは短時間型の睡眠薬の中では最も効果時間が長い薬として知られています。あなたに合いそうな薬か、…

中間型睡眠薬ってどういうもの?フルニトラゼパムの効果と副作用について

フルニトラゼパムは中間型に属する睡眠薬で効果は比較的強めと言われています。この記事ではその効果や副作用につい…

睡眠薬のトリアゾラムとハルシオンは一緒?気になる効果を解説!

トリアゾラムとハルシオン、どちらも良く聞く名前の睡眠薬ですね。トリアゾラムは超短時間型の睡眠薬で発売されてか…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?