部屋を真っ暗にして眠るのが苦手な方って意外と多いそう。そういう方は豆電球を灯して寝ていると聞きますが、実は質のよい睡眠をとるためには豆電球よりも暗めの、キャンドルライトのオレンジ色のほのかな灯りがベストなんです。そこで、何故キャンドルライトが良いのかまた安全なキャンドルライトの使用法などをまとめてみました。

あなたが夜寝るときの環境は暗闇派それとも豆電球派?

眠るときに灯りがないと安心して眠れない方って結構います

眠るときに灯りがないと安心して眠れない方って結構います

あなたは部屋を真っ暗にして寝ていますか?それとも豆電球の灯りをつけて寝ていますか?果たして暗闇とほのかな灯り、どちらがよいのでしょうか。実は部屋を真っ暗にして寝た方が睡眠ホルモンといわれているメラトニンが分泌され、よく眠れるそうです。

真っ暗の部屋で寝ると怖い人は無理して暗闇にしない方が◎

無理に暗闇にして寝ようとすると逆に脳が緊張してしまうことも

無理に暗闇にして寝ようとすると逆に脳が緊張してしまうことも

しかし、暗闇で寝るのが苦手な方も意外と多く、そのような方が無理して部屋を暗くして寝ようとすると、脳が緊張状態になってしまい、逆によく眠れなくなることも。そして暗闇が苦手な方は対処法として、オレンジ色の常夜灯の豆電球をつけている方も多いとか。

天井の豆電球をつけていると肥満になるリスクが高まるの!?

天井の灯りを常夜灯にすると直接目に光が届いてしまう

天井の灯りを常夜灯にすると直接目に光が届いてしまう

ところが、この豆電球も睡眠にとって明るすぎるといわれており、一説では豆電球をつけて眠ると暗闇で眠る人の約2倍も肥満のリスクが高まると言われています!おまけに天井にライトがついているので、直接目に光が届いてしまい、睡眠を阻害する原因になるそうです。

LEDキャンドルライトなら明るさもほどよく安心して使用できる

心落ち着くほのかな灯りの中でおだやかな睡眠を

心落ち着くほのかな灯りの中でおだやかな睡眠を

そこでおすすめなのが、キャンドルライトのほのかな灯り。しかも本物の炎ではなく、最近はLEDのキャンドル型ライトも市販されているので、これを寝室の床に置いておけば、直接目に灯りが届くこともなく、安心して眠れます。とくに明るさを調節できるコードレスタイプだとさらに良いでしょう。またはタイマー機能がついているものも使い勝手がよいのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?寝室の床に間接照明のようにLEDのキャンドルライトを置いておけば質のよい睡眠がとれるばかりか、夜中に目が覚めてトイレに行く時にも足元が照らされていて便利です。おまけに灯りもほのかで心安らぐので、寝室の雰囲気もぐっと良くなりさらに快適に眠れそう。今まで豆電球をつけて寝ていた方はぜひお試しくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!