人間の人生の1/3を占めているのが睡眠です。自分自身で身体をメンテナンスするための時間なので「ただ何もしない時間」というワケではありません。レム睡眠をゴールデンタイムと言われてる時間に得ることが大切。そのために身体に負担がかからない枕などを利用してグッスリ眠りたいですね。

本気でグッスリな時間帯!レム睡眠とは?

眠りにも段階がある!

眠りにも段階がある!

寝ていても脳波は絶えず動いています。その脳波によって眠りは5段階に分けられ、速攻で寝てしまっているつもりでも実は脳はモヤモヤと起きていたり段階があります。

寝入りは夢のタイミング

寝入りは夢のタイミング

寝入ってすぐは体の感覚は鈍くなっているものの、脳は起きて記憶の整理をしています。起きていた時の体験に結びつくような短い夢を見ることが多い時間帯です。

次段階では、睡眠は浅い状態ですが、完全に意識はなくなっています。この段階では夢も見ませんが、外からの音や匂いには体が反応するので目覚めてしまうことが多いです。

寝ていても起きてしまいやすいタイミング

本気寝です!簡単には起きられない眠りのタイミング

リカバリーに取りかかってマス!

リカバリーに取りかかってマス!

完全に意識がなくなる深い睡眠は第三段階で全体の10%程度です。この眠りは第五段階のレム睡眠と同じですが、実はノンレム睡眠なので起きることもあります。

イチバン深い眠り!レム睡眠

イチバン深い眠り!レム睡眠

最終段階のレム睡眠は最も深い眠りですが、脳波は寝入りと同じ状態。軽く痙攣したり、明け方に鮮明な夢を見ることが多く、寝起きで一番よく覚えている夢でもあります。

繰り返される睡眠サイクル

繰り返される睡眠サイクル

入眠から最終段階のレム催眠に至るまで2時間程度かかりますが、一晩でこれを4~5回繰り返しています。

一番いい睡眠時間帯はいつ?

一昔前のゴールデンタイム

一昔前のゴールデンタイム

最も質のいい睡眠=ゴールデンタイム=22時~2時と聞いたことがあるかもしれませんが、今と昔の生活習慣も異なるので、現代では間違いと言われています。

何時に寝てる?大切なのは時間の確保

何時に寝てる?大切なのは時間の確保

人それぞれ生活サイクルが違うのに22時に寝るべし!というのはナンセンス。眠りに入ってから3~4時間がゴールデンタイムと言われています。

枕次第?リラックスできる睡眠

枕次第?リラックスできる睡眠

枕が替わると寝付けないことはありませんか?自分の首に負担がかからず馴染んだ枕がイチバンです。

枕の形は十人十色

枕の形は十人十色

枕で首や肩を圧迫しながら寝てしまうと、寝違えたり頭痛が起きる原因になります。自分の身体に合う枕を見つけたいですね。

タオルを丸めるだけ枕

タオルを丸めるだけ枕

ストレートネックが原因で眠りが浅い方は、丸めたタオルを首に当てて寝るだけの首枕が効果的です。首に必要なカーブができて寝疲れ解消になるかもしれません。

癒される?抱き枕で身体もリラックス

眠っている間に身体をサポート

眠っている間に身体をサポート

無意識のうちに寝ている間に身体を圧迫してしまうことを回避できるのが抱き枕。なんとなく安心感を得られるだけではないので見直されてきています。

出典: ڳŷԾ

抱きしめる安心感

抱きしめる安心感

抱き枕を使うことで本能的な安心感を得られる胎児姿勢を作り出すこと、身体を預けられることへの安心感から精神的な安心感も得られます。

抱き枕は寝ている間に邪魔?

抱き枕は寝ている間に邪魔?

せっかく安心して寝入ることができても、逆に窮屈さを感じてしまうこともあるかもしれませんが、寝ている間に無意識にどけてしまうことも多いのが抱き枕かもしれません。

環境にも左右される睡眠の質

環境にも左右される睡眠の質

ぐっすり眠るために「眠る」環境をしっかり作ることが大切です。旅先でも家でもリラックスできる環境でスッキリ目覚めたいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

【ベッドと同時購入 限定!】スタンダード寝具6点セット(ダブルサイズ)

カラーの種類豊富なスタンダード寝具6点セットの商品説明

関連する読みモノ

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

安眠には必須のアイテム。正しい枕の選び方

朝起きた時首が痛くなる方や頭が痛くなる人は、もしかすると枕が合っていないのかもしれません。自分に合った正しい…

なぜ悪夢を見てしまうの?心理的原因や寝る前に改善したい習慣とは?

よく、悪夢にうなされるという方や夢見が悪いという方も多いとききます。夢はレム睡眠時に見るということは知られて…

目覚めが悪い、眠った気がしないあなたに朗報! 浅い睡眠の改善方法はこれでOK!

目覚めが悪かったり、眠った気がしないのは睡眠の質に問題があると思われます。日頃から浅い睡眠の質には気を配って…

気分はノスタルジック!天然素材のそば殻やヒノキの枕で、朝までぐっすりの安眠効果

ストレス社会で生活する現代人。そのストレスが原因で睡眠時間にも悪影響を及ぼしています。睡眠は体や脳を休ませ細…

飲酒で寝てもスッキリしない!?良い睡眠のために心がけたい3つのお酒の飲み方

しょっちゅうお酒を飲む・寝る前に深酒することが多い人は要注意!肝臓に負担がかかるだけでなく、知らず知らずのう…

枕選びを失敗しないために。あなたに合った枕の素材は?

一口に枕といってもその種類は様々。特に素材は非常に重要ですよね。あなたにあった枕選びのお手伝いをさせていただ…

枕も夏物に着替えよう!寝苦しい夜を乗り切る夏用枕の選び方

この時期いつも暑くて眠れない・・・。それなら枕を衣替えしましょう!夏はその季節にあった素材を選ぶことが大切な…

夢の回数で熟睡度合いがわかる?レム睡眠とノンレム睡眠の関係性ってなに?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですよね。ではその2つはどのような役割があるのでしょうか?熟睡…

90の倍数から始めよう!レム睡眠とノンレム睡眠を知って質が良い睡眠を。

睡眠時間の割にスッキリ起きられない…逆に、少ししか眠れなかったのに目覚めバッチリ!そんな体験ありませんか?レ…

深い睡眠をサポートする枕選びの方法や素材の種類、そばがら枕の効果

「中々眠りにつくことができない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、悪い睡眠に悩まされている方は数多く存在…

寝具の色は何色?睡眠に最適な色やよくない色、快眠に有効な低反発ポリウレタン素材の枕を…

1日の多くの時間を過ごす寝室では、どのような色の寝具を使用しているでしょうか? 色が人間に与える影響につい…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?