足を締め付けないレッグウォーマー

ゆったりがポイント

ゆったりがポイント

足元が冷えるのは安眠を妨害してしまう原因です。靴下を履くのも良いですが、おすすめなのがレッグウォーマーなんです。足裏はコップ一杯分の汗をかくと言われているので、なるべく睡眠中は覆いたくない。

でも寒くて我慢できない!という時に「足首」を温めるグッズを使うことで、足元の血流も良くなり温かい血がめぐるようになって体がポカポカしてきます。

表はウール、肌にあたる面は絹紬糸を使用し、二重編みにした非常に暖かいレッグウォーマーです。
肌にあたる面が絹紬糸でむれにくく、保温性が高い構造になっております。

寝返りをうっても冷えない腹巻

パジャマがめくれても寒くない

パジャマがめくれても寒くない

眠るときに身につけるものは体を締め付けないゆったりとしたタイプのパジャマなどがおすすめです。しかしそれだと睡眠中にはだけてお腹が出ちゃう、なんてことも。

お腹を冷やしてしまうのは、安眠や健康の観点からNGです。締め付け感の少ない腹巻をあらかじめ巻いておくことで、パジャマが着崩れしても心配ありません。

衣服内の湿度を適度のコントロールしてくれるので快適に過ごせます。

ONしている限り温かさが続く電気アンカ

温度調整する機能もあり

温度調整する機能もあり

電気アンカは主に足元を温めるグッズとして冬に人気になるアイテムです。電気で発熱するため、スイッチを入れている間はずっと一定の温度を保ったまま温かさをキープしてくれます。

肌の同じ場所に長時間当てることは、低温火傷の心配もありますが、冷えがちな足元に置くだけでポカポカです。

どうしても末端が冷えて眠れないという人は、利用してみるのも良いでしょう。

光を気にせず安眠できるアイマスク

アイマスクでしっかり安眠

アイマスクでしっかり安眠

アイマスクというと飛行機や電車など長距離を移動する際に使用するイメージがあるかと思います。
しかし、普段の睡眠時にも使用するととても快適に睡眠することが出来るんです。

最近では、夜遅くでも街の明かりが消えることはなく、カーテンを閉めていないと外の明かりで眠れないなんてこともありますよね。
そんなときにアイマスクを使えば、外の明かりを気にすることなく、安心して眠ることが出来ます。
また、近頃ではホットアイマスクと言って、アイマスク自体が暖かいものがあります。
目の周りを暖めることは目を休める効果があり、デスクワークなどで目を酷使することが多い現代では、目の休息というのは大切になります。

普段使いにも長距離移動にも使えるアイマスクを1つ持っておけば、安心して眠れますね。

身につけたり電気の力を利用する

安眠グッズで快適なベッドタイムを

安眠グッズで快適なベッドタイムを

今回は寒い冬に使いたい安眠グッズをまとめてみましたが、いかがでしたか?

快適な眠りに必要なのは、体がリラックスする状態の室温も大切です。気温がグッと下がる夜は体を温める工夫が必要ですね。レッグウォーマーや腹巻は電気代も0円で、自分の熱を閉じ込めますし、冷えがちな足元は電気アンカの力を利用するのも良いでしょう。

自分の生活スタイルに合わせて、試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

自分で作ることもできる?ロフトベッドは狭いスペースを有効活用できる優れもの

ベッドが高い位置にあるロフトベッド。子供から大人までワクワクさせるベッドですよね。下のスペースの収納力は高く…

sunsun / 3087 view

睡眠の質を上げてカロリー消費!睡眠の質が良いとダイエット効果が期待できる

睡眠とダイエットは密接な関係があることを知っていましたか?睡眠の質を利用して、ダイエットを効率よく行えるので…

little flower / 251 view

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

Schlafenkatze / 283 view

寝具を変えて睡眠の質をアップ!質が良いおすすめの低反発マットレス3選

適度な柔らかさに、心地よいフィット感がたまらない…。 快適な睡眠をとるなら低反発マットレスがおすすめです。

little flower / 296 view

冷え性さんの質が良い睡眠のための必須アイテム「湯たんぽ」その嬉しい効果&使い方

湯たんぽってなんだか固くて使いにくそう。熱すぎないの?すぐに冷めてしまいそう。などの意見があると思いますが、…

ゆか / 766 view

月の光は何ルクス?眠る時に最も適切な灯りの強さはどれくらい?

あなたは寝室を真っ暗にして寝ますか?少し明るくして寝ますか?暗闇は睡眠に必要なメラトニンが多く分泌されますが…

little flower / 1099 view

快眠の敵は夜食!どうしても夜食を食べたい時はこれを食べよう!

「毎日十分な睡眠時間をとっているはずなのに、朝の起床時は身体がだるくて重い・・・。」という症状に悩まされてい…

hamunida / 394 view

日中動けてる?パフォーマンス力の低下を促す睡眠の取り方

睡眠不足になると、日中の動きが悪くなってしまいませんか? 睡眠不足が引き起こす問題「パフォーマンス力の低下」…

yellow / 247 view

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

hamunida / 247 view

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

hamunida / 282 view

寝るだけでカロリー消費!ウソ?ホント?

寝ている時間は一日の約4分の1。せっかくならこの時間にダイエットができたら良いなと思いませんか?今回はダイエ…

yellow / 382 view

睡眠の質を改善する!寝具やベッドの選び方やSIMMONSメーカーの特徴

1日の生活リズムに大きな影響を与える睡眠。 毎日のコンディションを整えるために、睡眠の質を向上させたいもの…

hamunida / 297 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!